巨大女子相撲部

   予想外の展開で合宿中の間    冥瓦も一緒になることに・・。    彼女に決闘を申し込まれてる以上    監督の目があっても警戒を    怠るわけにはいかない・・・。    それに、僕はこの合宿について    何も知らないままだ。    もし稽古に付き合わされるような    ことがあれば、100%怪我だけじゃ    済まないはずだ・・・。    いったいどうなるんだ・・・。    そして、全員がマラソンを    終えたので、昼食をとることとなった。    昼食という言葉が出た瞬間    美海がすぐに目を覚まし    一緒に食堂へ向かいご飯を食べる。    船での一件で一部の2年生達は食事を    とることはできていなかったが・・。    昼食を終えた彼らは、監督の話が    あるとのことなので再び下宿前の    広場に集められていた。

藤崎「めんどくさいが伝えて    おかなければならないことがある」 筑井(なんだ改まって・・?) 藤崎「今年も例年通り合同合宿だ」 筑井(合同合宿・・?    他の学校の女子相撲部も一緒なのか) 藤崎「南地なんちの連中だ。    競合相手としては悪くないが、    格下共だ。実力の差を見せてやれ」 筑井(なんか言い方が悪者みたいだな・・) 藤崎「奴等との合同練習の時間以外    私から指導することはない。    その間好きに過ごせ」 美海「っ・・・・?    もしかして遊んでいいんですか?!」 藤崎「あぁ、構わん」

美香(ま、まじで・・・?!    でも、あの鬼のことだから    上げて落とすつもりじゃ・・・・) 美海「や、やったーーー!!」 雪鳴「ちょっ美海ちゃん・・・」 藤崎「うるさいぞ、黙れ」 美海「す、すみません・・」    多少のざわつきはあったものの    監督の一括で場は再び静まり返る。    それでも1年生達が喜びに    満ちていることはよく分かる。

   つかの間のバカンスということか。    監督も部員に気遣いなんてするんだな。    普段が普段なだけに印象が    これだけでよくなる。    飴と鞭という言葉があるけど鞭が9割    だと、飴がより甘く感じるんだろうな。    逃げられない環境にいる    彼女達が少し可哀そうでに感じる。 藤崎「まだ、南地の連中が来るまで時間がある。    その間、海で遊んでこい」 美海「海!?うっれしー!!!    これを楽しみに・・・・」 藤崎「・・・・・・・」    監督が美海の方を睨み続ける。    無言の圧力をかけているようだ。 美海「・・・・・・・」 藤崎「荷物は船から移動しておいた。    必要なものだけ持って    各々で海水浴場へ迎え」

   このまま都合よくいくとは    とても思えないな・・・。        あの人は少なくともいい人じゃない。    どちらかと言えば悪人よりの    考え方の人だし・・・。        このサービスは逆に不安を煽る・・。 美海「監督もいじわるですよね!    最初からそう説明してくれれば    いいのに・・・・!」 美穂「監督は、1年生が怯えてる    様子見たいだけだから合宿の内容に    ついて、いつも話さないのよ」    後ろから美穂さんが    話しかけてきた。

美海「むっ、美穂先輩・・」 美穂「むっ、て何なのよ。むって・・」 美海「別に何でもないですよ」 美穂「普段の練習頑張らないから    途中で倒れたりするのよ。    もっと頑張りなさいよ美海」 美海「・・・・・・・・」 美穂「もう・・・、そう怒んないの。    肝試しについては監督が決めた    ことなんだから、私を恨んでも    仕方ないわよ」 美海「分かってますよ・・」

   美海との会話がひと段落した    美穂さんは僕の方を向いた。 美穂「先輩今夜は    よろしくお願いします」 筑井「う、うん・・」 筑井(もうちょっと別の言い方あるだろ・・)    肝試し怖いから行きたくないけど    そんなこと言うのも恥ずかしいし、    何より、ナナのことについて    聞けるタイミングがここしか    ないから断るわけにもいかない・・。    もしかして監督は    僕のことを考えて美穂さんと一緒に    なる時間を作ってくれたのか・・?    さすがにそれは考えすぎか。

美海「・・・・・・・・。」ジロッ 美香「ざまぁないわね!    ま、ルールはルール、美海も    それに乗っ取ってしっかり    マラソンに参加したんだから    文句は言えないわね」    美海が悔しがる様子に    満足げな美香が語り掛ける。 美海「く”や”じ”い”ぃぅぃ ー!!!」 美海「呪い殺してやる先輩~!!!!    あんな仲良さそうに喋っちゃって!」 雪鳴「まあ、まあ今日だけみたいやし・・。    それに先輩は美海ちゃんを裏切ったり    なんかしないって・・・!」 美海「一度裏切られてんのよ、こっちは!!!」 美香「いつまでも気にしないでさ    今日はパーッと遊べばいいじゃん。    海何てそうそう行けないんだし    そんなんじゃもったいないって!」

美海「そうだ!私の水着で先輩を悩殺して    メロメロになるようにすれば    いいだけじゃん!」 美香「無理無理、彼女ですらない    あんたのどこにメロメロになんのよ」 美海「だから!!彼女だってば!」 美香「はいはい、信じてます信じてます」 雪鳴(喧嘩するほど仲が良いって言うし    このままでいいか・・・)    その後荷物を持った彼女達は    海水浴場へと向かうのであった。

   一方冥瓦はと言うと・・、    皆が昼食をとっている間    外の広場で待たされていた。    どうやら藤崎からなにか指示が    あるとのことなので待機させら    れていたようだ・・。 藤崎「おい畜生」 冥瓦「はっ!!・・・何でしょうか・・?」 寸道「・・・・・・・・」 藤崎「貴様に特別に仕事をやる」 冥瓦「ありがとうございます」 藤崎「ここらの木々が増えすぎて少々問題に    なっている。建物周り500本    切り倒して薪にしておけ。    その後は合宿所の掃除」 藤崎「これはお前にしか頼めない仕事だ    期待しているぞ」 寸道(完全にこき使う気だよ、この人・・)

冥瓦「はっ分かりました!    それで、それが終わりましたら    私めはどうすれば?」 藤崎「ここで待っていろ。    あまりうろちょろされても    めんどうだ」 冥瓦「分かりました!!」 藤崎「手抜いたら殺すぞ」 冥瓦「藤崎様のために    この冥瓦不退転の覚悟で・・・」 藤崎「黙れ」 冥瓦「・・・・・・・・」    冥瓦はその場で頭を深々と下げ    海へ向かう藤崎を見送った。

寸道「藤崎さん、だいぶあいつの    扱い方が分かってきたようですね」 藤崎「付きまとってくるなら    利用するまでだと思っただけだ」 寸道「それにしても、なぜ1日面倒を    見ることをお許しに・・?    利用するとは言ってもいない方が    藤崎さんにとっては良いのでは?」 藤崎「問題は奴の耽溺性たんできせいだ。これは無理に    遠ざけたところで治るものじゃない。    改善するには奴のことを少しは     知る必要がある」 寸道「奴のことを知るですか・・・・。    確かに色んな意味で異常ですからね」 藤崎「早い話が調教だ」 寸道「そんな趣味ありましたっけ・・?」 藤崎「意味をはき違えるな、間抜けが。    それに私は誰がどう見てもMだろ」 寸道「・・・・・・・・・。    誰がどう見てもMと言うのが    本当なら私の人を見る目は    間抜けで間違いないです・・」

NEXT