巨大女子相撲部

藤崎「・・・・・・」 藤崎「ひどいッ!!!!!!!」    気を失っている筑井を見て    一人涙目になる藤崎・・・。    彼も食べる努力はした・・・。    それでも、体が勝手に拒絶反応を示し    最終的には、意識を失うという最大の    逃亡戦術を決行したのだった。    藤崎の頭の中では、名前を呼び合い    ながら、ごはんを食べさせる幸せな    姿を思い描いていただろう・・・。    しかし、現実はガラスが散乱し、    部屋全体にはひびが入り、    悪臭漂うという凄まじい環境・・・・。    地獄絵図というほかなかった。

美穂「監督ッー!!!    無事なら返事    してください!!!」    二部屋あるうちの手前側の    部屋は藤崎が侵入すると同時に    破壊されていたので、    今は奥の部屋を一つ残した状態。    分厚い壁でもなんとか    声を届けることができた。 藤崎「美穂達だな・・。    夫婦水入らずの時間に・・・。    でも、なんでここに・・・?」    しぶしぶ出る藤崎・・・。

藤崎「何の用だ・・・?    そもそも何でここにいる?」 4人「うっ・・・・」    あまりの臭いに顔をしかめる4人 二崎「監督が筑井先輩の警護をしろと    私達に命じてたじゃないですか」    二崎は藤崎の質問に対し即答した。    この質問が来ることは    予想していたようだ。 美穂「それより、監督ここに変な物    入ってきませんでしたか?」 藤崎「変な者・・・・?」 藤崎(冥瓦のこと、こいつらも    よっぽど嫌ってるようね・・・) 藤崎「来たが、もう海の彼方に飛ばした」 瑠璃「さ、さすが監督・・・    それより、先輩は!!」

美海「きゃぁああ!?!?」    美海が部屋をのぞき込み    そのあまりの光景に悲鳴を上げた。 美海「先輩がし、死んでる??!!」    その悲鳴を聞き美穂と    瑠璃がドアへ駆け寄る。 美穂「う、嘘でしょ!!    ・・・なんでこんなことに・・・」 藤崎「どう見ても寝てるだけだろ・・?」 瑠璃「膝立ちで白目向いて寝る人間が    どこにいるって言うんですか!!」 二崎「監督・・・今ののままだと先輩が    危険だと思うので、一度    部屋から出してあげた方が・・?    それに監督とお話したいことも    ありますし・・」 藤崎「・・・・・手短に済ませろ・・」

   そして部屋の外へ出た    藤崎と筑井、そして美穂、美海    二崎、瑠璃の6人は壊れた廊下で    座り込んだ。筑井だけは     横になっていたが・・。 美海「よかったあ、先輩まだ息があって…」ホッ 藤崎「何言ってんだか・・・」 藤崎「で、用件は?大会の結果でも    聞きに来たか・・?」 美穂「そ、そういえば、だいぶ早く    大会から戻られていますが、    そんなに早く終わったのですか?」 藤崎「んっ・・・!んっ・・!」チラッ    目線の先を美海と瑠璃に合わせる    藤崎。こいつらがいるけど    どういうことだ・・?    そう言いたげであった。

二崎「成り行き上、彼女達は知って    しまっただけです。私のミスなので、    彼女達は許してあげてください」 藤崎「ふん・・・まぁいい」 藤崎「早く帰ってきたのは他でもない、    侵入者の一件が気になってな。    大会が早く終わったわけではない」 美海(侵入者・・・・。さっきの連中が    来ること監督は知ってたんだ・・) 藤崎「一応その話は筑井く・・・・    じゃなくて・・えっと・・・」 美穂「もういいですよ・・筑井君で・・」 瑠璃(ちょっ・・・・?!    それ言っちゃいけないやつ・・!    ほんと、たまに抜けてんだから)

藤崎「うっ・・・・」    恥ずかしさのあまり顔を真っ赤に    する藤崎・・。 こんな姿を見るのは    彼女達でも初めてであった。    いじったら殺されると思い    皆反応せずにいたが内心では    ちょっと可愛いと思っていた。 藤崎「・・・・・・・・。    来てないって筑井くん・・・・から聞いたけど    美穂と二崎あんた達が、追い払うか    拘束に成功したって認識でいいか?」 藤崎「来てないってことは    ありえないはず・・・・・・・だが・・」 二崎「結果的に言えば追い払った・・    ということになりますね」 二崎(やっぱり先輩は彼と会ってない    前提で話を進めてたようね・・・) 美穂「監督・・・・。いったい彼らは    何者なんですか・・・・?」

藤崎「彼ら・・・。複数か・・。    単独とばかり思っていたが・・」 二崎「いえ、今回の誘拐を行っていたのは    筑井先輩と同体格の男1人だけです。    そしてその男の回収をしにきた    ” ミドル ”の女1人の計2人です」 美海「ゆ、誘拐・・・???!!!    それにミドルって何ですか・・?」 二崎「まあ、知らなくて当然よね。    私達みたいな病気の人のことを    総称してそう呼んでるの」 二崎「それが正式名ではあるんだけど、    差別的な意味合いもあるから    世間ではあまり使われないのよ」 藤崎「どうやら・・・美海は    あまりこの件について知らないようだな    瑠璃はどうなんだ」 瑠璃「私はひとみから詳細を聞いています」

藤崎「他に知ってる奴は?」 二崎「現状知ってるのは我々だけかと」    アイコンタクトなど送らずとも    美穂は分かっていた。    この我々が意味するものは    今、話を聞いている連中だけ・・。    話の辻褄を合わせるために    筑井はこの件については知らない・・、    ずっと部屋にいたていで話を進めると。    ただ他の2人がこのことに     気づいていない可能性が大いにある以上    下手に発言をさせるわけにはいかない。    話はできるだけ二崎と自分で    行っていかなければと考えた。

瑠璃(監督うまく話題すり替えるなぁ・・。    質問されてたのに、自然と    自分の質問に変えちゃるし) 瑠璃(この2人だと慎重すぎるッ!    私がサポートしてあげないと)    二人の為を思い瑠璃は、気になる    ことを一気に監督に聞くと    決めたようだ。 瑠璃「で、結局彼らはどこの    誰なんです?先輩を誘拐して何する    つもりだったんですか?教えてくださいよ!」 藤崎「一つ目は言えない、誰かは知らん。    目的も言えない。」 瑠璃「いや、何も分からないじゃ    ないですか!それじゃあ!!」 二崎「いえ、充分です監督。    ありがとうございます」

二崎「あんた分かってないんでしょうけど、    何も知らない私達からしてみれば    今のも貴重な情報よ」 美海「二崎先輩どういうことですか…?」 二崎「1つ目と3つ目の質問に関しては    監督は答えをご存知ということですよね?    まあ、2つ目の質問に関しては誘拐を    行うような人間ですから、正体を    ばらすようなことはないでしょうし    知らなくてもおかしくはない」 藤崎「・・・・」 二崎「ただ、こういう捉え方もできます。    裏で糸を引いてる人間か今回    誘拐を直接行った人間、瑠璃がその    どちらを指して質問したか不明確だから    分らないと答えるしかなかった。    だから本当は今言ったどちらかは    知っている可能性も十分にある」 二崎「これだけ分かれば調べる範囲を    相当狭めることができる」

美穂(話し相手としては最悪の部類ね。    友達できんわけだわ・・・) 藤崎「多弁な奴だ・・」 二崎「その言葉、誉め言葉として    受け取っておきます。」 藤崎「一言だけ忠告しておこう。    あまり自慢げに話さないことだな。    あんたが知ってしまったことを    こちらも知れているのだから」 美海(何かよく分かなくなってきた・・) 藤崎「私も監督という立場だ。    貴様らの身を預かってる    以上危険な目に合わせられない。    この件に関しては忘れろ。    今まで通り部活に専念してくれ」 藤崎「他にこの件に関して    問題が起こるようなら    私の方で全て処理する」

美海「で、でも心配ですよ!    実際にその誘拐犯が来てたんですよ。    また来る可能性もあるでしょうし    今まで通りって言われても・・・。    そうだ!警察に言うべきですよ」 藤崎「この区域内には察とて介入は    許されていない。やつらはあくまで    法を厳守する。頼るのは筋違いだ」 藤崎「それに、ミドルが絡んでるとなると    察程度じゃどうしようもないだろ」 美穂「そうだ、監督!?さっきミドルの    女が回収しに来たと言いましたが    逃げてから、そう時間は経ってません!    監督の力なら、まだ取り押さえることも    可能だと思いますし今からでも・・」 藤崎「誘拐未遂で終わったんだ。    そいつらも、好き好んでやってる    わけじゃないだろう、見逃してやれ」

瑠璃「て、監督この状況じゃ誘拐未遂じゃ    なくて殺人未遂のレベルですよ!    毒ガスで攻撃されてるんですよ!」 藤崎「さっきから何言ってる・・?    毒ガスだのなんだのと・・」 美穂「もしかして監督・・・    気付かれてないんですか・・?」 藤崎「あぁ・・」 二崎(毒ガスすら、もろともしないとは    本当に無敵なのね、この人は・・・)    この匂いの原因がまさか    藤崎の料理にあるなどと    いったい誰が考えるだろうか・・?      殺人未遂の現場だと思い込んでいた    4人は不安で胸がいっぱいになっていた。    しかし、藤崎は少し見た目が不細工な    料理という認識でしかなく、    まさか殺人の道具と勘違い    されてるとは、夢にも思っていない。

   監督からこれ以上何かを    聞き出すのは難しいと思い    彼女達は言葉を詰まらせてしまった。    その顔は不安に満ち溢れている。 藤崎「なんだその不安そうな顔は・・・    なにも心配することはないだろ」    全員の顔を見回してこう言った。 藤崎「私がいる限り、万が一はない」 美海「か、監督っ!?」 全員(いつもあんなに恐ろしいのに…    なに・・このすごい・・安心感・・!)    この強さ、そして包容力    これが監督の凄味なのだろう・・・。    この時、4人は揃って同じことを    考えていた。

藤崎「よしっ!話もひと段落したし    朝練やるぞ! 3年は優勝したんだ!    皆も負けんなよ!」 美海「えっ優勝・・・!?」 全員「え”えぇえぇー!?!?」    (今言うの、それっ!!?) 二崎「ほ、本当ですか監督…⁉」 藤崎「当たり前だろ」 瑠璃「さ、3年ぶりの全国優勝    おめでとうございます!!」 藤崎「目指すは夏の2連覇。    私の昔からの夢なんだ。    来年は期待してるよ、美穂」 美穂「は・・・はいっ!!」   (監督・・・プレッシャー    かけないで・・・・)

NEXT