巨大女子相撲部

   筑井達に監督が戻ってきた事を    伝えに来た美海・・。    しかし、彼らはすでに移動していた為    その姿は見当たらなかった・・・。 美海「何あれっ・・・?!」    上を見上げると、監督部屋付近が    爆発事故を思わせるほどに、    粉々に吹き飛んでいた。    その原因が藤崎であることは    明々白々である。 美海「もう監督こっちに来てたんだ・・。    先輩、大丈夫かな・・・・」 美海「それに美穂先輩達はどこだろ・・?    一緒に上に行ってるのかな・・?    状況だけでも聞きたいのに・・」 美海「怖いけど・・・監督の部屋まで    向かわないと、何も分からなそう」

   美海は現状を知る為に部屋まで    向かうことを決意した。    だが、昨夜侵入した窓も閉められて    おり、上まで行く手段が    今はなかった・・・。    しばらく立ち止まり上を眺める・・。    移動方法を考えるが何も思いつかない。    策が浮かばないまま立ち尽くすこと    2,30秒、崩壊した壁の奥から    何やら垂れ下がってくるものが・・。    数十mという高低差のせいで    垂れ下がってくるものが何か、    すぐには理解できなかった。    気になった美海は、それを    確認する為に目を凝らす。    注意深く見ることで、それが何か    把握することができた。・・・・ロープ。    それは紛れもないロープであった。

   ロープが降りてきたということは    それを投げた誰かがいるということ。    用途はおそらく脱出する為・・・。    でなければ、こんなロープの    使い方はしない・・・・。    この時、美海にでも一瞬にして    予想しえる事象が一つだけあった。    それは、奥にいる人物が誰であるかだ。    ロープというアイテムが    そのヒントを与えてくれていた。    まず監督ならば、ロープなど    わざわざ使わずとも降りられるはず。    2年生達の場合は、    体重を考慮すると、ロープで    降りることなど、まずできない。    その両者以外の誰かが、下りて    くるなら、筑井しかありえない!!    美海はそう考えていた。

   しかし、予想とは裏腹に    降りてきたのは見覚えのない人影。    距離はあるものの、筑井の姿を    幾度となく見てきた美海は    それが別人であるとすぐに分かった。    その謎の人物は下りてくる    途中で一度下を確認した。    その時、美海と目が合うも    特別な反応を示す様子はない。       一方、美海はかなり困惑していた。    見た目は屈強でも中身は、いち女子高生。    不審な人物を目撃すれば、それが    自分より遥かに弱い人間であっても    戸惑いはする・・・。    そんな動揺とは裏腹に    体はロープの真下・・、つまり    彼の着地点へと向かっていた。

   彼は動揺する様子も見せず    大地に弱々しく足を着ける。    普通の人間なら、こんな巨人を前に    すれば多少の恐怖心を抱くだろうが、    彼を見る限り、その様な反応は    微塵も感じられなかった・・。    美海も中学時代は、よく怖がられ    ていたので一般人が、どのような目で    見てくるか、嫌という程知っていた。    それに比べ、彼は明らかに違う。    奇怪なものを見る目ではない・・。    しかしその瞳の奥に感じられるものは    普通とは違う、とても暗いイメージ。    いつもなら、怯える側は自分を    見た人達なのだが、この時気圧され    ていたのは、美海の方であった。    そして、躊躇することなく    彼は美海に声を掛けた。 72「槍薔薇の1年かあんた。    一つ聞きてえことがあんだけどよ    青髪と眼鏡の2人知らねえか?」

   青髪と眼鏡・・。それが美穂と二崎の    ことだと美海はすぐに察した。 美海「美穂先輩と二崎先輩のこと・・?    て、名前知らないんだよね・・・」 美海「て、あなた誰・・・?」 72「先に俺の質問に答えろ・・・。    お前もあいつらの仲間なんだろ?」    彼の様子を見る限りかなり    弱っているが、その目は初めより    鋭いものになっていた・・。美海は    怖くなりそれ以上何も聞かなかった。     美海「仲間って言われれば、そうだけど・・。    悪いけど、私もその人達探してた    ところなの・・・・・。」 美海「先輩の安否が知りたくて    美穂先輩達を探そうと思ってた    ところに、あなたが来たわけ」

72「先輩・・・・・・?    もしかして、筑井さんのことか?」 美海「えっ・・!? 知ってるのっ!?    今、先輩はどうなってるの?」 72「無事は保証する、心配すんな・・・。    部屋の構造上、怪我はねぇはずだ」    その発言に何か引っかかる美海。    部屋の構造を知っていたり    無事を保証するという発言・・・。    あの壁を破壊したのは監督と    ばかり思っていたが・・・・    もしかしたら、彼がやったのでは    ないか・・?その考えが脳裏をよぎる。    そうでなければ、そんなことを    知っているのはおかしいからだ。

   ひょっとすると自分達に仇なす    存在なのかもしれない・・。    美海は怯えながらも、彼に尋ねる。 美海「あの爆発の跡・・・まさか    あなたのせいじゃないよね・・?」 美海「見たところかなり弱ってるし、    私から逃げ切る為に出任せ    言ってるようにも聞こえるけど」    口にして初めて美海は過ちに    気付いた・・・。あの爆発は    彼が原因ではない、そう思い始めていた。        何故そう思ったか・・少なくとも彼の    言動に虚偽と思われる内容が無いから。    理由はそれだけである・・。    部屋の作りや強度から言って    通常の武器で、破壊できるような    ものではない。”部屋の構造上怪我はない”    これに関しては揺るが無い事実。        その事実が彼が発した言葉に真実味を    持たせ、危険人物ではないと    思わせる一因となっていた。

72「俺のことはどう思ってくれても    構わねえけどさ、今の俺じゃお前の    脅威にはなりえねぇだろ・・?    不審な行動取ったらぶっ殺すなり    好きにすりゃいいさ・・」 72「とにかく俺は奴らと合流    しなくちゃならねぇ・・・」 美海「・・・・・・。    さっきから言ってるけど    私も探さなきゃいけないのは    同じなの・・・・」 72「くっそ・・・あいつら勝手に    移動しやがって・・・。 いや、予想    できたことではあるか・・」    考えの行き違いにより合流することが    叶わなかった、美穂達と72では    あったが、目的も果たせた今、    急いで合流する必要もないと72は    思っていた。

72「仕方ねえ、場所が分かんねえんじゃ    一緒に探すしかねえか・・・。    手分けしてと言いたいところだが    連絡手段もなし、別れても意味ねえ」 美海「・・・・・まあ、いいけど」    二人は会話を終わらせると、    周囲の捜索を始めた。だが、まだ    美海の疑心が無くなったわけではない。    どこの誰かも分からぬ相手の手伝いを    していいものかと内心思っていた・・。    あれから、強く言い出せないのは    彼に対しての恐怖心とは別に    ある理由があった・・・。 美海「かなりヨタヨタしてるけど    私が運んであげよっか・・」 72「・・・・・・・・・」    心配して声をかけたが    返事はなかった・・・。あまり    意識もしっかりしてないようだ。

   とりあえず今は    ”彼は怪しくないかも” という    直感を信じることにした・・。    1,2分の間、捜索をしていると    急に彼が足を止めた・・・。    そしたら急に物陰から誰かが出てきた!? ??「何をしている・・・?72・・」 美海「えっ?!だれ・・・?」    美海達と同じような体系をしている    女性が物陰から姿を現したのだ。    最初は上級生かと美海は勘違いしたが    どうやらそうではないらしい。    身長はややここの2年生よりも高い。    美海が真上を見上げても    その表情をハッキリと見ることは    できない・・・。

72「てめぇ・・。    何でここに来やがった?」 ??「一日以上、連絡がないからだ」 72「それだけでミドル・・・のお前が駆り出さ    れんのか。他にいける奴なんて    いくらでもいただろ」    いったい彼らは誰なのか・・。    状況が全く飲み込めない美海は    たじろくしかなかった。 ??「お前が連絡付かないぐらいだ。    余程のことがあったと    協会側が思うのは当然だ・・・・」 ??「そうなれば私レベルが動かされる。    まあ、見たところほついていた    だけのようだが・・・」

??「死体と対面することにならず    良かったと言うところか」 美海「これどういうこと・・・?    いったいあなた達は・・・」 72「黙ってな・・・・。    関わってもろくなことねえぞ」 美海「・・・・・・うぅ」    完全に場違いであることを    自覚しているが、離れようにも    怖くて動くこともできない。 ??「後でここで見た全てを    話してもらう」     ??「アンダーが2人・・いるやも    しれんこの状況。 さすがの私も    奴らの相手は無理だ。気付かれてない    今しか帰るチャンスはないぞ」

72「・・・・・・」 ??「・・・?」 72「あぁ・・・」    彼女が来たことにより    一時的に、朦朧とした意識から    抜け出せてはいたが、それも    あまり持続できるものではなかった。 美海「えっ・・・・えっ?!・・    ちょ、ちょっと・・・まって・・」    そう美海が言いかけた時    謎の女がこちらに近寄ってきた。

   それと同時に物陰から    巨大な影がまた一つ出てきた! 美穂「可愛い後輩が待てって    言ってんの聞こえてんだろ・・」 ??「!?」 美海「美穂先輩!!!」

NEXT