巨大女子相撲部

藤崎「・・・・」    3年寮に向け移動中の藤崎と冥瓦。    彼女たちのスピードであれば一瞬で    たどり着くことができるが    藤崎はまだ3年寮に訪れていなかった。    筑井との再会を邪魔されたくなかった    藤崎は全く別の場所に冥瓦を    連れて行き、そこから突き放す    つもりでいたようだ。 藤崎「・・・・」      ずざざぁッ!    山の中で、足を止めた藤崎    それに合わせ後ろから着いてきていた    冥瓦も足を止めた。 冥瓦「・・・・・。    ここ何もないですけど…    何しにこちらに・・?」    さすがの冥瓦も藤崎の    スピードについていくには    体力を使ったようで    息を切らしていた。

藤崎「邪魔なものをここに捨てに来た…」 冥瓦「邪魔なもの…?    いったいそれは…?」 藤崎「貴様だ。    力量は測れたからもういい」    そう言って藤崎は姿を消した。    物音ひとつ立てずに…。 冥瓦「なっ・・・・⁉」    冥瓦が目で追いきれないほどの    スピードにも関わらず    土煙一つ立てていない。    同じアンダーでも段違いの実力差が    あったことに驚かされる冥瓦。

冥瓦「やっぱりすごい。    私でも全く歯が立たないなんて」 冥瓦「でも、甘い甘い・・・」 冥瓦「そう、甘いんですよ。    藤崎様の甘い匂いがプンプン匂ってきます。    さすがにそこまでは考えて    いなかったみたいですね・・・!」    宙に漂う匂いを鼻先に捉え    顔をぴくつかせる冥瓦。    冥瓦はそのにおいを頼りに    藤崎が移動したと思われる方角を    確認する。 冥瓦「元来た方角とは違うな…    いったいどこだ…?」 冥瓦「ここからは慎重に移動しないとだな」    独り言を言い残し、冥瓦も    3年寮の方角へ向かうのであった。

   監督の部屋へ戻ってきた    筑井はというと… 筑井「はぁ・・・」    そのため息は    これからどうなるんだ、    そしてどうしていけばいいんだ…    その両者が入り混じった物である。 筑井「監督が来るまでの間    黙って待っておくしかないか」 筑井「ナナはこれから美穂さんたちの    元に向かっているだろうな。    そうなれば、遅かれ早かれ    監督とのご対面となるだろうけど…」    監督がここに帰ってきていることは    女子相撲部間ではもちろん    周知の事実ではあるが    監督本人は今の状況を    何も知らないはず。

   僕が誰にも連れていかれることなく    部屋に居続けていた。    そう思わせなければいけない…。    侵入者の存在を僕が    認知していると感じさせないように    しなければ…。    誘拐されかけた事実を知れば    絶対怒るだろうし    そうなれば2年生たちに連れてこられた    ナナがどうなるか分かったもんじゃない…。 筑井「あ、そういえば…」    ふと後ろを振り返る。    そこには、ナナがナイフで    割ったガラスの跡が…。 筑井「これはまずい…」

   侵入者がきた決定的な    証拠になることはないだろうが    僕自身が脱出するために    窓ガラスを叩き割ったと思われれば    問題になりかねない。    ガラス片を拾って    カーテンを閉めてその場だけでも    気づかれないようにしなければ…。    ガラスを直接触れ    傷でもできてしまえば    それはそれで怪しまれる。    大きい破片も念のため    素手で拾うのはやめとこう…。    拾い上げる際にシャツを    袋代わりにし雑誌をはけとして    使用し、ガラス片を回収。    ガラス片を捨てる場所もないので    隣のベランダに捨てることにした。    侵入できないよう板で仕切られているが    下にわずかな隙間があったため    捨てるのに手こずることはなかった。

   割れた窓の修復は    現状どうすることもできないので    カーテンを閉め見られないことを願う。    高さもそれなりにあるので    風で少し揺れてしまっているが    そこはどうにかして誤魔化すしかない。    そういえば、まだ早朝だし    部屋の真ん中で座っているのも不自然。    ベッドの上で寝たふりをしておくか…。    そう思いベッドに乗ろうとした瞬間    ドゴゴォおおおーーっン!!!!!!    ものすごい地鳴りとともに    建物全体が大きく揺れだした。    とっさに察する、    それが監督だということを…。    恐怖のあまり掛布団をかぶり    丸まってしまった。

   そして今の衝撃から    しばらくの時間が経った。    しばらくと言っても    ほんの十数秒程度だろうか・・。    僕からしてみればその数倍の    長さに感じられたが・・・。    今は自身の心臓の音が聞こえるほどの静寂。    バクバクとなる音が耳障りなほどに    この待ち続けるという    状態も正直辛い。いっそのこと    さっさと来てくれとすら思ってしまう・・。    来たら来たで困るけど    来るのが分かってるのだから    そう思ってしまうのも仕方のないことだ。    別に殺されるわけでもないのに    なぜこれだけ自分は震えているのか。    それがどうしてなのかは正確には分からないが    おそらく監督の気迫のようなものに    体と心が勝手に反応してしまっている。

   開くはずのない入り口の開く    音がする…。 初めて聞くその音。    とてもじゃないがドアの開く音には聞こえない。    重機が擦れ合うような重苦しい音だ。    布団をかぶっていたので    目視で確認することはできないが    あのドアを開けることができる    人物は監督だけだと    二崎さんから聞いていたので    監督が帰ってきたことは    目視せずとも分かってしまう。    ただ、この時どうすればよいのか    見えぬ答えを考え続けた結果    布団から出る機会を見失っていた。    このまま寝たふりをしていて    大丈夫なのだろうか…?    そう思うと更に不安になり    体の震えが強くなっていった。

藤崎「ただいま~…」    小声で声をかけてきた。    その声は何よりも優しくか細い。    急に起こさないための配慮なのだろうが、    圧倒的威圧感の前じゃそんなちんけな    配慮など何の意味もない。 藤崎「筑井くんぐっすり眠っちゃってる…    まあ、時間も時間だし仕方ないね…」    独り言を話しているが    そんなこと口に出して言うことだろうか…?    起きてるのばれてるのか・・?    うすい掛け布団    一枚だけでは体の震えを隠しきることは    できていないのだろうな・・・。

   今になって思えば    布団の中に隠れたのは正解だったかも    しれない・・・・。    例えば今来ているのが    監督ではなく未知の宇宙人だとする    友好的なことが、分かっている状況だとしても    何をしてくるのか分からない、そんな相手と    必要以上にコンタクトをとりたくない・・。        だったら一番スルーしてもらえるであろう    策に講ずるのは当然である。    今僕は彼女とは接触したくない    なぜなら守らなければいけない    秘密がたくさんあるからだ。    考えもまとまってない今    監督を相手にするのは墓穴を自ら    掘りかねないだろう。

藤崎「・・・・・・・」    しばらく無言で立ち尽くす監督。    足音も聞こえないので    ベッドわきで立ち尽くしていることだけは    布団の中にいても理解できた。    その間も震えをごまかすために    布団の中で寝がえりを打ち続けていた。 藤崎「これだけ目を覚まさないなら…」    そういうとゆっくり    布団をめくりだす監督。    あのあまりに恐ろしい力    からは想像できないほどやさしく    布団をめくり始めた。 藤崎「・・・・・・・」 藤崎「・・・・・・・・ふっ」    緊張のあまりか    まぶたがぴくついてしまっていた。    その姿を見て起きているのことに    間違いなく気付いただろう。    しかし、そのことに触れる様子はない。

藤崎「キスしちゃってもばれないか」 筑井「ぶっはぁ!!!!!」    思わず吹き出してしまった。    そんなことをいきなり言われて    ノーリアクションを貫き通せるわけない。 藤崎「おはよう筑井君    もう少しじっとしてれば気持ちの    いい朝をプレゼントできたのに」 筑井「最初から起きてるの分かってたんですね。    いやな人だ」 藤崎「寝たふりしてる方が    嫌な人だと思うけどな私は」 筑井「す、すみません・・」 藤崎「それより、1日待たせちゃって    ごめんね筑井君    きつかったでしょ?」 筑井「えぇ…まあ……かなり…」

藤崎「特に変わったことはなかった?」    この質問が意図するところは    おそらく侵入者か    女子相撲部員が来なかったか。    と、言ったところだろうか。 筑井「・・・・いえ何も…」    近いって・・・。    すごい、いい匂いだし・・。    色んな意味で緊張する・・・。 藤崎「ならよかった。だってね    私が出かけた後に侵入者が来るって    連絡はいったんだよ・・。    びっくりしちゃった」 筑井「え・・・・っ」    それ自分から言うのかよ・・・⁉    まあだからと言って知らなかったふりは    続けておかなければいけないが

藤崎「だから閉会式無視して    帰ってきた。」 筑井「えっ…いいんですか、それ!?」 藤崎「いいのいいの    代理人たてて喋らせとけばいいから」 筑井「んな、無茶苦茶な・・・・」 筑井「て、監督侵入者ってなんなんですか?!」    あくまで知らない態を通す。 藤崎「んぅ~…。    なんて言うんだろう…    諜報員…?スパイって言えばいいのかな?    来年の大会に向けて    私がいないうちに情報集めにきてたとか」    不安にさせぬよう”誘拐”という    ワードは出さないようだが、    この発言から察するに、ナナは    どこかの学校から、依頼を受け    こちらに来たということになる。

   もう少しさぐりを入れてみることに 筑井「ということは・・・    美穂さんとかの情報を入手しに    きたってことですか・・・?」 藤崎「違う違う、筑井君のことだよ」 筑井「今まで名前すら公開されてない    選手が”雑誌”に載ってたから    それを調べに来ちゃったのかも…?    しかも私と同体格の筑井君が    載ってるわけだし気になるのも仕方ないよね」 藤崎「もともとは女子相撲部員から    守るために部屋に閉じ込めてたんだけど    一石二鳥になっちゃってた」 筑井「えっ・・・・・・」    あの雑誌のせいで身の危険に    晒されてたというわけか…    なんという理不尽・・・。

NEXT
';}?>