巨大女子相撲部

72「すまねえ・・・・、    俺のせいで苦労かけさせちまって」 筑井「いや、謝らなくちゃいけないのは    僕の方ですよ。    わざわざ出してもらったのに    結局また戻ることになっちゃって・・・」 72「ほんと無茶ばっかり・・    ぐっ・・・・?!」    口を手で抑え何かを吐き出す72    そうとう体のダメージがひどいようだ。 筑井「だ、だいじょうぶですか・・!」 72「風邪だ、つってんだろ・・。    熱あるからきついだけだわ・・」 筑井「うっ・・。 申し訳ない・・。    あまり無理しないでください・・」 72「無理しねえと、あのデブどもに    殺されかねないんでね。    残念ながら無理しなくちゃならない」 筑井「・・・・・」

   この時、筑井は    彼のことについて聞き出したかったが    それも悪いと思い言葉を詰まらせていた。    足元もおぼつかず    フラフラな状態であった彼を見ていると    下手な要求はできなかった。 72「筑井さんこそ大丈夫か?    口数減ってっけど」 筑井「えっ、あぁ・・・    そういえば昨日から何も食べてないし    僕も結構きついかも…」 72「そうか・・俺もあんまり    弱音吐かねえ方なんだけど    さすがに・・・・」 筑井「良いじゃないですか    たまには弱音ぐらい」 72「・・・・・・」

   しばらく無言のまま    二人は天井裏を歩いていた。    しかしその空気に耐えかねてか    筑井の方から声をかけてしまった。    とりあえず素朴な質問を投げかけるようだ。 筑井「ナナさんって年いくつなんですか?」 72「えっ?俺の年齢・・?    えぇ~っと・・。正確には分からないな・・。    聞かれたことねえから答え方も分かんねえや」 筑井「・・・正確には分からない・・?    どういうこと・・?」 72「んぅー・・・。    いろいろ事情があるって言えば    あるんだけど・・・・」 72「そうだな・・、あいつらから助けてもらった    恩も筑井さんにはあるし、    少し俺のことについて教えてやるか」    思いもよらぬ形で彼のことに    ついて聞き出せる流れになりそうだ。

72「俺には親がいねえんだ。    いつどこで生まれたかも分からない    いわゆる、孤児ってやつさ・・」 72「だから、分かる記録だけで言うと    俺の年齢は17歳ってことになってる」 筑井「17歳か…僕より年下だったのね」 72「あんた、そしたら18か・・。    だったら敬語なんか使うなよ」 筑井「う、うん分かった」   (僕が監督に言ったことと同じだな・・・) 72「最初にナナと言ったのも    正確には俺の名前じゃない。    本当の名前はナンバー72」 72「俺が所属してる場所だと    そう呼ばれている」

筑井「セブンツー・・・まるで機械じゃないか」 72「ほとんど同じようなもんかもな・・。    普通なら孤児院とか親戚の    家とかに渡されるんだろうけど    俺たちのいたとこは、少し変わっててな」 72「親自身が子供を売りに来る場所、    表社会にはでない、裏の孤児施設」 筑井「親が売りに行くって・・・」 72「金がなかったり、あるいは    たんに金が欲しかったり、色々あるんだろ。    俺が売られた理由は知らない。    知る機会があっても知りたくねえけど」 72「この事実は国側も認知はしてるようだが、    何も口出ししない。 暗黙の了解って奴だな」 72「ギャンブルだめとか言ってんのに    綺麗ごと並べて認めてんだろ、建前だけで    所詮利益が出りゃ何でもやんだよ。    その判断は間違ってるとは思わねえけど」

72「要するに俺らは益のある人間って    国は思ってくれてるらしいな。    幼い頃から訓練を受けてるから    それなりに信用度も高い」 72「何より信用を得られる要因は    俺たちは、小さい頃から唯一の家族とも    言えるパートナーを組まされるんだが」 72「例えば俺が失敗した時、" 俺だけに " 罰が    与えられるわけじゃなく、パートナーにも    罰が与えられる。 そのシステムが    仕事の成功率を高めている」 筑井「なんかすごい話聞いちゃったな・・。    で、でもそしたら・・。」 72「なに、心配すんなって。今まで俺はノーミス・・。    それに今回パートナーは大丈夫な理由がある。」    僕とは苦難の数が桁違い…。    この少しの会話の中でも、よく分かる。    彼の技術は本物だ。 この話は信じるに値する。 72「すまねえな。 いきなり変な話して」 筑井「いや・・・、むしろ嬉しいよ。    なんか心を許してくれたみたいで」

72「心を許すね・・・・。    確かにそうかもしれねえな」 72「さっきまでの話は、とりあえず忘れろ。    あまり知りすぎても、ろくなことねえし・・。    倫理だの、なんだのと声を上げそうな    連中も芽が出る前に全部摘まれてるしな」    そこまで何とか言い終えた彼は    また、大きな咳をして喋るのを止めた。    だけど、僕としてはここまで聞いたら    聞かずにはいられないことがあった。 筑井「今までの話聞いてると    なんで・・、なんで僕の誘拐を    やめたのかが分からない・・。    ナナにとってメリットがないじゃないか」    きょとん、とした表情でこちらを    見つめる72。 正論を言われて    納得しているかのようなそんな表情だ。    彼の心のうち内を理解することは    今の筑井にはできなかった。

72「あんた思ったより察し悪いな。    俺はあんたに恩を売ってんだよ」 筑井「・・・・・・・・?」 72「さっき利益がどうとか言ってただろ。    俺も同じさ、俺に益をもたらして    くれると思ったから、    任務を途中で放棄しただけのこと」 72「過程はともかく答えは単純。    理があれば人はそっちに動く。    ただそれだけのことさ。    あんたもそうだろ?俺を助けるのに理を    感じたから、あいつらから    助けてくれたんだろ」 筑井「・・・・・・・・・・・」 筑井「あなたがいい人だと思ったから・・。    だから少しでも庇おうと思ったんだ。    でも、罪悪感に苛まれたくないから    助けたって考えればその意見も    否定することはできない」 72「・・・・・・」

72「いい人・・そいつはありがたいね」 72「じゃあ、恩着せがましいが    一つお願いしても構わねえか・・?」 筑井「ど、どうぞ・・・」    突然お願いすると言われ    少し身構えてしまった。 72「じゃあ、ちょっと聞くけどよ    今パートナーいるっつったろ」 72「そのパートナーが    やたらと外の世界に憧れてんのよ」 72「で、そいつもそろそろ    外に出られる日が来るんだ」 72「それでさ、もしもそいつに    会う機会があったら、相手してくんねえかな。    知り合いもいねえしよ」 72「外に憧れてるっていう割には    何にも知らねえ馬鹿だからよ。    ちょっと心配なのよ」

筑井「そ、それは構わないけど・・    どうしてそんなこと・・・?」 72「俺みてえな奴も受け入れてくれんなら    問題ねえと思ってな・・。 あいつも    人見知りだから何かしら接点ねえと人間関係    築くの難しそうだし・・・」 72「今あんたを戻してやってるのは    その貸しを作るためさ・・。    まあ、会うことはねえと思うけど」 筑井「それぐらいなら全然・・・いいけど」 筑井(期待されるような人間じゃないのに・・。    監督にしろナナにしろなんでそんなに    期待するんだ。ただの弱腰なのに・・)    それから二人は口を開かず黙々と歩いた。    その間、筑井は72のことについて思い返していた。    しばらくして、彼の今までの言動から    ある一つのことを読み取った。    彼の言葉が真であることを    頭の中で再認識していたのだ。    

   72が言った言葉を一つ思い出した…。    ” 同情した ” その一言が頭をよぎった。    監禁されていた筑井の姿を見て    72はそう言っていたのだ・・・。    そしてパートナーは外に出たいという    願いを持っている人物・・・。    そのことを踏まえれば彼らは、ほぼ自由の    ない生活を送っているのは間違いない。     天か地かで言えば" 地 "に存在する人達。    弱きを助けるというわけではない。    同じだから助けたい・・・。 同情に値するから    助けたいと筑井は思っていた。    はじめに出会った時からその    雰囲気がなんとなく伝わっていた。    だから、誘拐犯である彼を信用し    ここまでしようと思ったのだろう。    筑井自身でも分かっていなかったことが    72の話でやっと明確になったようだ。

72「ここの真下が元いた部屋だ。    下り方は一度降りてるから大丈夫だよな」 筑井「うん、大丈夫」    なにも言うことができぬまま    部屋の真上まで来てしまった筑井    今のあまりに弱い筑井の力では    彼に何もしてやれない・・。    ここに残る場合    説得すれば彼女たちの体罰は    なくなるかもしれないが    72が帰ってこないとなれば    仲間が来て女子相撲部員が    危険にさらされるかもしれない。    かといって72をそのまま返せば    責任を取らされるかもしれない。    彼はパートナーは無事だと言ったが    72自身・・・・については何も言っていないからだ。        そう、皆が助かる道はないのだ。    72の作戦成功を除いては…。    筑井が誘拐されれば他の皆は助かる。

   しかしそんなことを言えるはずもない。    不確定な未来のために犠牲になどなれる    はずもない・・・・。    それに、筑井はこう思っていた。    72はそれを言わせない為にあえて貸しを    作ったのではないかと・・・。    都合のいい解釈かもしれないが    そう思えて仕方なかった・・。    決して逃げの思考でそこに至ったわけではない。 72「藤崎も来てるらしいし俺も一緒に    降りるのはさすがにまずい…。    それにロープも引き上げなきゃいけない。    なんで、ここで一旦お別れだ」 72「俺は元来た道を戻って    あのくそでぶ共のもとに行く。    時間も体力もそうない、それじゃ」 筑井「ちょっとまって・・・!」 72「・・・?」 筑井「・・・・・いやなんでも、またね」 72「おぅ、また」

   今のところ、ここに彼を    滞在させるという話になっている。    2年生たちは僕の意思を分かって    くれているようだから心配ないけど    監督がどうでるか・・・。    この点は信じるほかない・・。    72の仲間が来るという点は    監督がいるなら大丈夫なはず・・。    なぜなら、このタイミングで誘拐しに    来たのも監督がいないから。    監督がいる今、手は出せないはず…。    そりゃそうだあの化け物を    相手にできる人間がそういるはずない。    だけどこれは希望的観測でしかない…。    いや、そう考えるしかない…。    僕じゃ何もできない…。    筑井は何も声をかけることなくロープを    下っていく。 そして一人藤崎の部屋に    再び足を踏み入れるのであった。

NEXT