全文表示 巨大女子相撲部

   72はもともとダクトを通り    通常の天井の高さまで訪れていたが    右腕を負傷してる筑井と一緒では    そこまで戻ることは難しい

   監督の部屋の天井裏には出れたとしても、    10m以上も高い通常の天井まで    戻ることは、まず不可能であった。

   美穂達を奪われてなければ、そっちの    ルートから戻ることも可能ではあったが    今ある道具はナイフとロープだけ。

   その状態で脱出を試みるとなれば、    残されたルートは一か所しかなかった。

72「窓から出るか・・。」

   そう言って72はナイフを構えた。

筑井「い、いやそれだと他の    部員にバレちゃうかもしれない・・」

72「バレる?あんた何言って・・。    て、そりゃそうか・・」

72「近くに人はいねえから安心しろ」

   すると、72は窓に向かって    ナイフを投げだした。

   窓ガラスを割る行為は、自分がここに    いると周囲に知らせるようなものだと    考えていた筑井は、その行動に強い    戸惑いの色を見せていた。

   そしてナイフが窓ガラスに直撃し、    大きな音を立て粉々になる。

   窓が割れた後、表情を一切変えぬ    まま一人動き出しす72。

   彼が一歩動き出したタイミングで    筑井は彼の動きを止め話しかけた。

筑井「あの・・・・。    まず服着ましょうか・・・」

   そう言って筑井は部屋にある服を    1枚、彼に渡した。

   72は受け取った服を着た後、    一旦天井裏に置いてある、    ロープを部屋まで降ろしてきた。

72「ロープを使ってここを降りんぞ。    ここには絶対に壊れないドアノブも    あるし、降りれる条件は整ってる」

   彼がロープで降りるとは言っても    ここは上空50m以上はある高さ・・。

   そのことを知っていた筑井は    さすがに不安を抱いていたようだ。

筑井「本当に大丈夫…なの・・・?」

72「それはあんた次第だな。    下から俺がサポートすっから問題ない。    こう見えても、腕は一流だから    心配することはねえよ」

72「それに筑井さんには    簡易的な命綱も用意する」

72「何も起きなければ緩いままだが    筑井さんが落ちそうになると    きつく締まるようにできてるから    落ちる心配は絶対にない」

72「まあ、もしそうなったら    ほどくのに時間かかるし    あんまり、当てにしてほしくないが」

   それから二人はロープを    使い地上を目指す。

   ゆっくりゆっくり呼吸を    合わせながらゆっくり降りて行った。

   始めは時間がかかると思われたが筑井も    途中からコツをつかみだし半分を過ぎた    あたりから急激に下降スピードが加速。

   わずか4分程度で地上に    到着することができた。

   時間はまだ夜明け前。

   普通なら目立つ光景なのだろうが外は    まだ薄暗く、それに元々人通りもない    場所、発見される心配はほぼなかった。

72「よしっ・・。無事到着っと。    今から安全な場所に連れて行くから    俺についてきてくれ」

筑井「・・・・・・安全な場所・・・?    いったいどこなんですか・・?」

   確かにここから離れられれば    身の危険はなくなる。

   だが、よく分からぬ相手の誘導を    素直に聞き入れることができず    いたようだ・・。

72「・・・・・・・」

筑井「素性は話せないって言ってましたけど    どこに行くかも話せないんじゃ・・」

筑井「助けてもらってこういうことを言うのも    失礼だと思いますけど    ナナさんについて行くのは    それはそれで、怖いと言うか・・何と言うか・・」

   すると筑井の目を見た後    どこか悲し気な目つきで    筑井の腕の怪我を見る72。

72「んぅ~・・・。    そいつは困んな・・・」

72「まあ、事情の説明なしに来いって    言うのも無茶な話ではあるな・・」

筑井「・・・・・・」

筑井「ごめんなさい・・・」

   そこで二人の会話は止まる。

   そんな中、遠くの方から    地響きを二人は感じる・・。

   その揺れの原因は美穂・・!?

   彼女は一心不乱に二人の    元に向かってきていた。

72「っ・・・!? これはお互い    別れて逃げた方が身のため    って奴じゃあねえか・・」

筑井「確かにそうですね・・。    今は逃げた方が良いかと」

   筑井は真っ直ぐ逃げ始めた。    別れてと言ったせいなのか    72は左方向へ曲がって行った。

   美穂は言葉を発するわけでもなく    こちらに向かって黙って走り続けていた。

   少なくとも筑井も監督のいない今    捕まってしまえば彼女たちに    何をされるか分らないこの状況    逃げる以外に選択肢がなかった。

   そして美穂は迷うことなく    左方向に曲がる。

   そう、72のいる方向だ。

   美穂はどうやら脱走されてないか    不安に感じていたらしく、それで    この場所まで訪れていたようだ。

   彼女の悪い予感は的中しており、    丁度その現場に居合わせることとなった。

   気分はハムスターに脱走された飼い主。    早く捕まえてゲージに戻さなくては    まさにそんな心境であっただろう。

   そして彼女は、72に追いつき    その小さな小さな体を巨大な手で    包み込む。

   捕まえた72を顔の前まで    運び会話を始める。

美穂「あんた、どうやってあの状態から    抜け出したの・・・?」

72「さあな………、」

72「て、ぐぎゃああ!!」

   手に少し力をこめる美穂    そしてそんな様子を筑井は    物陰から離れて見ていた。

美穂「じゃあ抜け出した方法はこの際    どうでもいいわ」

美穂「筑井先輩せんぱいを    何のために誘拐しようとしたの?    答えないと…さっきより百倍    きつくしてもいいのよ・・?」

   しばらく黙り込む72    さすがに命の危機ともなれば    口を滑らせるんだろうと    美穂は考えていたのだろう。

   早朝の静けさ、そのおかげで    筑井にも二人の会話は耳に届いていた。

筑井「誘拐・・・・?!    それになんで美穂さんナナのこと    知っているんだ・・・?」

72「確かに本当の目的は誘拐    それは間違いねえけど…。」

   徐々に手に力をこめだす美穂    苦しさが増してるはずだが    72は表情を変えることはなかった。

72「やっぱやめたわ・・・」

72「てめえらみたいな醜い女共に    収容されてるあの人の姿見て    気分がどうも変わっちまった・・」

72「同類のよしみってやつなのか・・・。    柄にもなく同情しちまった」

72「だから俺は奴を解放することにした。    へへっ…てめぇみてぇな無能を    出し抜くのは・・・」

   そう言いうと美穂が    急激に力をこめる。    72は一瞬で気を失ってしまった

美穂「調子に乗るなよ・・・。    そんな、てきとうな言い訳で    私が許すとでも思ったわけ・・?」

美穂「それとも、自分のやってることを    正当化でもしたかったとか・・」

美穂「それなら、なおさら許せないけど」

美穂「・・・・・」

美穂「て、話聞いてるわけないか…」

美穂「・・・・・。」

美穂「次はあれに閉じ込めておこうかしら」

   そういって彼女は走ってきた道を    戻っていった。

   美穂は筑井が逃げていたのも    間違いなく見ていたはず・・・。

   なのに、なぜか捜索する素振りを    微塵も見せなかった。

   そのことを疑問に思っていたが、    そんなことより筑井は今、誘拐すると    言っていたナナを助けたいと思っていた。

   本来ならありえない話なのだろうが    あの誘拐犯が、槍薔薇ここでの自分の    最初の理解者で    あると感じていたからだ。

   あの発言が嘘なのか真実なのか・・。

   それは分からないが、    信じられる何かが確かにあった・・、    そう思わせる何かが・・・。

筑井「でも、わざわざ逃がしてくれたのに    助けに行けばその行為を無駄に    してしまうかも・・」

筑井「だ、だめだろ、そんなんじゃ…!!」

筑井「都合のいいように解釈しようと    してるだけじゃないか」

筑井「逃げたいだけじゃん、それじゃ」

筑井「僕の危険なんて言ってしまえば    彼女達に” やられる ”ぐらい・・」

筑井「でもナナさんの場合・・・」

筑井「最悪死ぬんじゃ・・」

   しばらくその場で悩み続ける筑井。

   感情論では基本的に動かないと    決めていた彼であったが、    この時だけは自分の気持ちに    素直になろうと思ったようだ。

筑井「やっぱり助けに行こう!    話せば分かってくれないような    人たちじゃないし、なんとか    なんとか、なるだろ・・‼」

   しかし逃げ腰で名の通っている彼    だけあって、口に出しはするも動き    出そうとした瞬間体が震えだしていた。

   そんな恐怖に震え上がっている中    周辺が急に暗くなりだした。

??「せ~んぱい♪」

   突如後ろから誰かが声をかけてきた

NEXT