美穂と二崎がさった数時間後・・・。    時間は深夜のことだった。        彼は痛みで気を失っていたわけではなく、    酸欠によって気絶していた。    漠然とした意識の中目的を果たすために    何とか立ち上がる。 72「はぁ・・・はぁ・・・本当に    死ぬかと思った・・・。    あんなんだから、デカ女共は    嫌いなんだよ・・」 72「世界最高レベルの防護服も    奴らの前には意味を・・・    なさなかったわけでは、なさそうだな…。    一瞬で壊れたようだが    クッションの代わりをなって    なんとか生き残ることができた…」 72「天は俺を見放していなかったようだな…。    俺に生きろと言っている、目的を果たせと…!    こうなれば、なんとしてでも    やり遂げねぇとな!」

72「奴らの失敗は勝利を確信し    情報をべらべらと喋っちまったこと。    漫画の悪役がよくやるやつだろ、そいつは」    いくら強く縄で縛ろうとも    所詮は素人がやったもの。    潜入を幾度となく行ってきた彼からすれば    抜け出すのはたやすいことだった。    縄から抜け出した72は    暗くなった部屋の中で何かを探し出した。 72「あった、あった…。」    しばらく探すうちにそのなにかを見つけたようだ。

   その細さを考えれば”糸”という    表現の方が正しいだろう。保険として彼はロープと    一緒に透明な糸も垂らすようにしていた。    今いる部屋は普段使用していないこともあり    蜘蛛の巣が張ってあった。    美穂の体に触れていたかもしれないが    目の前の侵入者に集中していた    美穂がそれに気づくことはない。    あまりの巨体なのでそもそも気づかない    可能性は高いが・・・・。    この透明ロープの本来の意図は    敵に通常ロープが見つかった時の保険。    本来、通常ロープは囮のようなもので    それを奪われることが一番いい結果なのである。    彼に脱出するすべがないと    思わせることこそが本命ルート    通常の潜入よりも、その後のことが運びやすくなる。    逃げる際に通常ロープで逃げようとしたのも罠。    緊急時の、逃走手段が他に    ないと思わせるための手段の一つである。

   ロープを垂らしたままにするという、    何気ない行為にも意味があり、    これはロープで拘束を促すことができると共に    脱出するすべをなくさせたと    思わせることができる。    ロープを引きちぎり退路を断ち    それで縛り上げるのだから    相手はその時点で勝利を確信する。    捕獲に拘束・・、絶対的な偽りの勝利を    与えさせることが、    油断を生ませる最善の策であった。    相手がこの手の侵入に耐性がないほど    有効な手段である。    そしてこれが成功すれば大きな時間、    アドバンテージが得られる。

   幸い今回は外傷はひどいものの    体はまだ動かせた。    その細くて安定しない透明なロープも    72の卓越したスキルで    なんとか登りきることができた。    そして彼女たちが話してしまった    筑井の部屋へと彼は向かうのであった。    天井の2段構造。    空調設備内の一番端まで行き、その床を抜けば    監督の部屋の天井裏地点までたどりつける。    彼を完全に舐め切っていた驕り    それが彼の作戦成功への    糸口となってしまった 72「俺を舐めてかかったのが運の尽き    おめえらが悪いんだぜ調子に乗ったおめえらのせいで    大事な筑井ちゃんは攫われちまうんだ」

   ここは天井裏というよりも    空調設備内の床という表現の方が正しいか    直接女子相撲部が足を踏み入れることがないので    その耐久性は一般のものと何も変わらない。        彼はうまく天井のパネルをくりぬき    もう一段下にある天井裏へと移った。    幸いなことに美穂たちが回収していった    道具は彼が身に着けていた道具だけ。    天井裏に残していたロープ類とナイフだけは無事であった。    そして監督の部屋へと続く、天井裏へ到着。    もちろん通常の天井裏と監督の部屋の天井裏でも    高低差が10m以上あるのでロープを垂らしておく

   監督の部屋の天井裏についた72。    しかしこの天井裏には穴がないので    部屋の様子を確認することができなかった。     72「天井の材質は…」トントン 72「まあ普通か…なんとか侵入はできそうだな    だが、中の様子も分からないまま    侵入はさっきの二の舞になりかねない」 72「たしかあの二崎とかいう女が    さっき監督の部屋は二重構造だと言っていたな。    だとすれば今筑井がいる、手前の部屋は    もぬけの殻、誰もいねえはず。」 72「だったらまずはそっちに侵入して    様子を見るとするか」

   いるとすれば奥の部屋、少々廊下側に穴をあけ    そこから侵入すれば    手前の部屋に降りられるはず    一度パネルにナイフで小さな穴をあけ    下の様子を確認。    下にはやはり誰もいないようだ。    というより窓とドア以外何もない。    部屋というよりは渡り廊下のような    つくりとなっていた。    そしてパネルを切り抜きそこから    いつも通りロープを垂らし    飛び降りた。    しかし体が負傷していたこともあり    着地に失敗し転げ落ちてしまった。    その壮大な転落音は分厚い壁を    抜け筑井の耳にしっかり届いたようだ。

   戻って筑井はというと    さきほどの物音の正体が72    だということも知らず、一人怯えていた。 筑井(ついに場所が割れたか…    時間は部活が終わったぐらいだろうか…    だとしたら、美海…?    それとも美穂さんあたりか)    ドアの前で様子をうかがう・・・。    しばらく待っても、何も変化がない・・。    が、警戒心を緩めることはない。    もし女子相撲部員であれば彼の    貞操の危機に瀕しているのだから。    しかしそれから30分以上はたっただろうか    それでも変化がないので    さすがに緊張の糸も途切れていた。    そして彼には別の問題が起きていた    トイレだ。    トイレの扉が開かないのだから当然。

   緊張感の解放からか一気に    尿意がこみ上げてくる。 筑井「や、やばい…。どうしよう」    彼は一つの事実に気づいた    水道だ!排水溝になら    出しても問題ないはずだ。 筑井「小さいほうは何とかなりそうだ    大きい方は…これも排水溝にながして    何とかするしか」    跳ね返りを気にして     誰もいないので全裸になる筑井    流し台がある方へ急ぐ

   なにも食べていなかったので    便意は今のところそこまでひどくない    大きい方は臭いも気になるので    とりあえず小さいほうだけ済ませることに 筑井「あぁ"~♪すっきりぃ~」    この時筑井は    久々の幸福感を味わっていた    人間の大半は簡単に得られるこの    排尿感をここまで幸せに感じれる日が来ようとは。    そんな余韻に浸りながら    しばらく水滴を落としていると    突如、天井から何かが落ちてきた!?    突然のことに呆然とする筑井

72「いってえ…もうまともに着地もできねぇ…」    正体はもちろん72。    筑井が服を脱ぎきる前に中を確認し    室内に侵入する準備をそこから始めていた。    ランプの明かりだけということもあり    中の様子ははっきり見えていなかったが    誰かがいることは確認できていた。    同じ体格の相手の    奇襲ともなればこちらが有利    体はボロボロだったが彼は    勇気を振り絞り襲い掛かるつもりだったが    それも失敗に終わった。 筑井   「な、なんだお前…!?…はっ⁉」 72

   全裸で落ちてきた72    全裸で洗面台に座っている筑井    お互い目の前にあるものの異様さに    驚きを隠せない。        そしてすぐに筑井は自身の姿の異様さに気づき    恥じらいを見せ始める。    全裸で見つめあう二人    妙な間が生まれていた。    口を先に開いたのは72     72「あ、あんたが筑井 細奈か?」 筑井「えっ・・・そうですけど…」      この時筑井は全裸であることを    スルーしてることに戸惑っていた。

   72はこの時作戦について思い出していた。    筑井 細奈という名前で性別が    判断しづらいということもあり、    女子相撲部の人間だから女性だと思いこんでいた。    が、まさかの男…。    ちゃんとそれを”証明するもの”が目の前にある。    彼は性別の理解が違っていたことにより    先に筑井本人であるか否かを    確認せずにはいられなかった・・・。    そして冷静さを取り戻した72    一度考えを整理するために周りを見渡した。    この状況から察するに筑井細奈が    自力で部屋から出ることができずに    いたのは容易に想像できる。    それならば彼女…、ではなく彼は今    部屋から外に出たいと思っているはず・・。    はじめは力づくで連れて行くことも考えていたが    奇襲も不可能となってしまった今    言葉で誘導して連れ出すしかない。        とりあえず、助けに来たとでも言えば    信じるだろうと彼は踏んでいた。

72(ちんこは全然小さくねえじゃねえか…    名前のわりによぉ・・・・) 72(それにこいつ・・・・・。    いや、今はそれはいい・・・) 72「どうも初めまして…    あんた、そう筑井さん!    俺はあんたを助けに来たんだよ・・!」 筑井「え、いや、その    あなたはまず誰?    それに助けるってどういうこと…?」 72「とりあえず俺のことはナナとでも呼んでくれ。    素性についてはわけあって詳しくは    話せねえが、あんたをここから連れ出しに来たんだ。    ここから出たがってんだろ、今のあんたは」    すると急に涙ぐむ筑井・・。

筑井「それは本当ですか‼    用もまともに足せなかったんですよほんと!    ちょっと聞いてほしいんですけど    トイレ使えないからちょうど今    洗面台に小便を・・・・・・。    いつもやってるわけじゃ、ないですから!」 72「あ、あぁ…」   (こいつはこいつで苦労してんだな・・) 72「だが、扉は二つある・・、    一つはトイレの扉じゃないのか・・?」 筑井「扉は硬すぎて開かないですよ、監督用だから」 72(力が強いわけでもないのか・・・、    監禁されてたってことは何か特別な理由が    あるのだろうがいったいなんだ・・?) 72「とりあえずここに居座ってても仕方ないし、    さっさとここを出るぞ・・!    右腕怪我してるようだからサポートはする。」 筑井「す、すみません・・」

NEXT
';}?>