筑井「…。」 筑井「はっ!?」    どうやら僕は気を失っていたらしい。        ここは…どこだ?    霧でもやもやしてて視界が悪いな。 ??「もう逃がしませんよ…」    霧の中から巨大な影が現れる。

   その影の正体は美海    しかし何でこんなところに…。 筑井「美海…と、とりあえず今の状況を    教えてくれない?なんなんだここは?」 美海「・・・。」 美海「さっき私のこと置き去りにしようとしましたよね…」    筑井「い、いやそれは…」 美海「しましたよね!!!!」       突然の怒声に縮み上がってしまった。    こんな美海は今まで見たことがない 筑井「き、気の迷いで…    抵抗がないわけじゃなかったし…    その………」

美海「置き去りにしようとしたことは…    否定しないんですね…」 筑井「・・・・別にそういうつもりは…」 美海「・・・・・」 美海「先輩の方から来てくれないなら」    すると僕の体を巨大な手で包み込み    無理やり美海の体の方へ    押し付けられた。 美海「私の方から襲うしかないみたいですね…。    こうなったのもあなたが悪いんです…    全部あなたが…」

筑井「や、やめてくれ…美海…    ぼ、僕が悪かったから」 美海「問答無用です    あなたが犯した罪を償ってもらいます    私に犯されることによって」 美海「絶対に許さない…」 筑井「やめろ…僕を殺す気か…    て、うわああああー!!」    ・・・・・・・。    目の前が再び闇に染まる

筑井「うわあああああぁ!!!?」    どうやら夢だったようだ…。    夢でここまで汗をかいた経験なんて    今まで一度もない。 筑井「恐ろしい夢だった…    にしても僕は何でこんなところで    寝てたんだ…    ここはいったい…?」    周りをキョロキョロ見回していると    今寝ていたベッドの隣に    一枚の置手紙を見つけた。        僕に向けた誰かからの置手紙だろうか?    とりあえず、それを読んでみることに。

筑井「えっと…なになに…」   " 親愛なる筑井くんへ    私は3年生の最後の大会に    嫌々付き合わなくちゃ    いけないのでしばらく学校を離れます。        その間私の寮部屋にいてね。    それなら身の危険もないはず。    あと、長くて3日帰ってこないから    3日分の食事も作ってます。    ちゃんと食べてくれないと    お姉さん怒っちゃうぞ!    美理央 " 筑井(監督、字きたねえな…    つか、これどうやって書いたんだろ?    赤ペンで書いてるみたいだけど    そんな頑丈なものあるのか?)

筑井「ここ監督の部屋だったのか    あんまり生活感ないな。    あ、寮部屋ってそういや書いてたな。    ほとんど居ることもないのかも」 筑井「そういえば、女子寮に    これから住むことになるんだよな…    さっきの夢が実現しないといいけど…」    何時間寝ていたか分らないが、    思えばかなり空腹。    腹の虫もなっていた。        ごはんを作ってくれているらしいので    それを食べることに    監督の料理ちょっと楽しみだ

   でも料理をまともに    作ることできるのかな…?あの力で…        まあ頑丈な赤ペンあるなら    頑丈な調理道具もあるのかも    そんなことを考えながら冷蔵庫を開ける 筑井「うわっ、くっさぁ…!??」 筑井「なんだこれ…?    へどろ…?こんなもの    冷蔵庫に入れとくなよ…」 筑井「・・・・。」 筑井「まさかこれが料理とか言わないよね…ハハッ」    冷蔵庫の中に    また置手紙を見つける…    見つけなければよかった

   ” 残したら許さないからね!” 筑井「……じゃねえよ!!」 筑井「ここの連中はみんな僕を殺す気か!!    これはもう嫌がらせの域だろ」    おそらく監督は    ”ド”がつくほど、料理が下手なのだろう…    一応自覚はあるようだけど…。    下手だと知ってるから    ここまで手紙で念押ししてるんだ。        じゃあ作るなと    本人の前で言ってやりたいが    その監督も3日は家にいないし 筑井「とりあえずご飯食べる時は    買いに行くしかないか…」

筑井「そういや喉も乾いてるから    水でも飲もうかな」    先に空腹感と喉の乾きだけでも    どうにかしようと思い水を飲むことに。    洗面台の蛇口に手を伸ばすが…。 筑井「あれ?かった……!?    んぐぐぅ…!!!」       蛇口をひねるがまるで動かない    もしかしたら監督用に    特別硬く作られているんじゃ…。        それからしばらく粘っても    ビクともしないので諦めることに。    無駄な体力を使うだけだし 筑井「まあ、水も買いに行けばいいか……」     筑井「て、思ったけど食事も作ってあるってことは    そもそもこの部屋出られないんじゃ…    我慢しててねって書いてたし」 筑井「それじゃあ、最悪場合トイレの水を飲むしか    ないのか…最悪だな……」

筑井「い、いや、ちょっと待てよ…」    部屋に二つあるドアのうち    トイレだと思われるドアの方へ向かう…。 筑井「う、うおおおおぉぉー!!!」    渾身の力をこめて    ドアノブを握るがやはり動かない⁉        ドアノブが下に回りすらしない    ドアが重くて開かないならまだしも    その前段階すら叶わないとは…。    ということはつまり、この部屋全てのものが    監督用に強度や重さを改造されているはず…    あらかじめ予想はしていたが    出入口も開くはずがない。

   監督は僕に逃げられないように    自室に閉じ込めたのかもしれないが    いろいろと見落としてる点が多すぎる…。    せめてトイレのドアは開けといてくれよ 筑井「あのグロテスクな料理…    まさかあれが唯一の生命線になるとは…」    残すなとは書いていたものの    どちらにせよ食べるほかなさそうだ…    食べても死にはしないだろう…    さすがに 筑井「あっ、一番肝心なこと忘れてた!    窓ガラスを割ればここから出れるんじゃ!」    監督の部屋とはいえ    窓ガラスまで割れないということはないはず。        直接触れる機会の少ないものまで    固くする必要もないだろうし    強化ガラスでも時間さえかければなんとか    割れるはずだ!

   ベランダに繋がる窓と、小さい窓の二つがある    とりあえず小窓から外を見てここの高さを確認    低層階ならそのまま出られるし        だが、小窓から高さを確認してみると    高さは15階だての建物ぐらい…。    いや、それ以上か…。        女子相撲部の大きさを考えれば    これでも4階とかそのぐらいでは    あるんだろうが    とてもじゃないが飛び降りるのは無理。    そうなると最後に残された    手段はベランダごしから別の部屋に    飛び移るぐらい…    それをやるにも    まず窓ガラスが割れること前提だけど

   ・・・・・・。    まてまて、ちょっと冷静になって    考えてみればベランダから他の部屋に    いくのは論外だろ。    それってつまり    他の女子相撲部員の部屋に    入る可能性が高いんじゃ?        そうなると、今監督という抑止が    ない以上犯されるリスクが    最も高いタイミング    さっきの夢が実現しかねない…。    もしもそのことに気づかず    窓を割ろうと大きな物音を立てれば    危うく自身の場所を知らせるところだった。    やっぱりだめだ⁉    あのグロテスクな料理だけで    この3日間耐え抜くしかない‼

   僕が物音を立てずとも    女子相撲部員たちは、僕が監督の部屋に    いることぐらい分かるかもしれない。    だが、それもあくまで仮定での話。    僕が部屋にいることの証明ができない    以上は監督の部屋に無理やり    侵入なんてしてこないだろう。    ここのドア…、サイズ的に僕や監督以外は    通れる大きさではない    そうなると侵入するには壁を破壊するしかない。        壁なんて破壊してしまえば    罰を受けるのはまず間違いない。        万が一、壁を破壊して    僕がいなければ完全にマイナス。    何も得ずに終わって    大目玉食らうのはさすがの彼女たちでも    回避したいに決まっている。    だから僕がここにいるという    確証を彼女たちに与えてはだめだ。  

   本当なら今すぐにでも部屋から    出たいものだが、外に出ても危険    監督という存在が色んな意味で今は大きい…。        早く帰ってきてくれないと    まともに生活を送ることもできない。    て、監督に依存し始めてないか…    なんかこれちょっとやばい思考な気が…。    洗脳…    女子相撲部を使って自身に依存させる    洗脳とかじゃ…いや    そんなことまで考える人ではないはずだが…。    この状況だと監督に頼るのは    仕方のないことだ…。    だまって3日間待つしかないか…。

NEXT