巨大女子相撲部

藤崎「監視の目を厳しくしたいなら    それぐらいして当然。    私の寮部屋に彼を閉じ込めるから    あんた達は何も心配しなくていい」 美穂「・・・・・・・・。    まさか意見が一致するとは思い    ませんでした。 女子寮に寝泊まりさせる    のは、同意しますが監督に迷惑を    かけるわけにはいきません」 美穂「次に、部長になるのは私ですし    私の部屋に住まわせるのが一番かと」 美海「そ、それはないですよッ・・!!    普通、彼女である私の部屋に一緒じゃ・・」 二崎「そんなことを言い合っても仕方ないわ。    誰か一人の部屋じゃ公平性に欠けて    不平不満を募ることになる。    部のことを重視するなら、1日ごとに    部屋を変えるのが一番いいと思う」

二崎「それに一年は相部屋でしょ。    仮に一人なら同棲することも    検討できないわけじゃないけど    複数人いる状況だと揉め事は必至。    長期的な同棲は確実にトラブルの元になる」 二崎「先輩の為にルールを付け加えましょう。    危険な行為を行おうとした者には罰を与える。    それなら先輩も安心して過ごせるはず」    心のどこかで助け船出してくれて    ありがとうと思ってる自分がいたが    何も助かってない!! 筑井「ちょっと待ってくださいよ!    勝手に話進めてますけど    僕一言も了承してないじゃないですか!」    誰の部屋に泊まるかとか    そういう問題じゃない、女子寮で暮らす    前提なのが、そもそもおかしいだろ!

美穂「その言い分はもちろん分りますよ先輩。    が、あなた言ってしまったじゃないですか    ”僕たちは付き合ってる”って」 美穂「美海と交際しているなら    嫌がる理由はないと思いますが?    美海と会える時間が増えるんですよ?」 筑井「いや、ほら僕、男・・・!!    そう男だからさ、ちゃんと男子寮で    暮らさなきゃいけないだろうし・・!」 藤崎「寮の総合管理を任されてるのは私だ。    女子寮の生徒ときみが了承すれば    問題はない」    そういえば監督一人の力で    今の女子寮や学校が建ってたんだっけ・・。    完全に頭になかった・・・。

藤崎「お金も払わなくていいし何よりち・・・、    じゃなくて・・・、きみはもう    皆から慕われる立派な女子相撲部員だ。    今後のことも考慮するなら女子寮に    来てもらった方が何かと都合がいい」 藤崎「部屋については、さっき二崎が    言ったサイクル制にする」 藤崎「もし何かあれば、部員全員きみとの    接触を永久的に禁止にさせる。    禁止になった後は私の部屋で    生活してもらう、それで文句ないでしょ」    この時僕はいかに最悪の状況を    回避するか考えていた。 彼女達は”性”に    飢えている。 今までの経験を踏まえれば    それは間違いない。        一番最悪なのは、大会で優秀な    成績を残した3年生との性行為・・。    そうなった場合死を免れることはできない。    興奮したら手加減できるとは思えないし。

   美海と付き合っていることにしておけば    その点は、回避できる可能性がある。    100%ではないにしても    誰かの所有物に対し、手を出すほど    彼女達も非人道的ではない・・・はず。    それに女子寮に寝泊まりする話も    条件を聞く限り危険はそんなにないかも・・。    まずサイクル制のシステム・・。    一晩だけなら何事もなく終えられる    可能性は十分にあるし、仮に手を    出そうものなら、その生徒には    ペナルティが科せられる。 よっぽどの    ことがない限りは何もされないだろう・・。    問題が発覚すれば、接触禁止に加えて    監督の部屋行きになるというのも    理にかなってはいる・・。

   仮に、監督の元に渡ってしまえば    彼女達が手を出すことはできないはず。    皆の怯えた様子を見る限り    それは間違いないだろう。    監督の存在が上手く抑止になっている。    それに彼女の性格なら性交渉を    してこなさそうだし監督の部屋なら    監督の部屋で問題ない・・。        なによりちょっと可愛いし・・。    そしてここから更に身の安全を    保障する条件を、提案したいけど    無償での居住スペースの提供、    名目上での彼女との半同棲生活    これだけの待遇を与えて、まだ不満が    あるのかと言われるのが目に見える。        これ以上何か求めるのは    さすがにリスクが高いな・・。

美海「私の彼氏なんですから勝手に    そういうこと決められても…」 二崎「別にあなたにとってそれほど    悪い話はしてないと思うけど」 美海「確かにそうなんですけど    他の女の子と一緒に寝られるの嫌ですし    それに私たちが付き合ってないなんて    証明どうやってやるんですか?」 二崎「お互い愛し合ってるなら先輩が    誰と一緒にいようと問題ないでしょ。    交際してるか否かは    時間がきっと答えを教えてくれるわ」 美穂「誰もが認めるようなカップルに    なればいちいち疑わない。    ただ疑わしい点があまりに多いから    色々条件を付けてるのよ。    他のみんなの為にもね」

美海「分りましたよ!先輩と私が付き合ってる    こと全員に認めさせてみせます!」    いや、何納得してんの!?    もう軽い自己洗脳、本当に付き合ってると    勘違いしてるんじゃないか美海は    ” 誰もが認めるようなカップル ”    このセリフが決め手となったか・・・。        こうなってしまえば    彼女である美海の意見を彼氏で    ある僕が飲まなければ不自然。    ここで否定的なことを言えば    それが証拠になりかねない。 筑井「分かったよ・・・・。    ただ、手続きとかそういうのよく分から    ないので、それは監督お願いしますよ」 藤崎「手続き・・・・・・」     藤崎「あ、そうだ!    いいこと思いついた!」

藤崎「確か今3年生だよね・・・・?」 筑井「そうですけど」 藤崎「じゃあ一年留年して」 筑井「・・・・?」 筑井「えっ・・・・と    言ってる意味が分からないんですが」    いやいやいやいや、まてまてまて!!?    この人は何を言ってるんだ!    天才肌の人間って変わった人多いというが    ほんとに頭おかしいのか・・・。        仮にも教育する立場にある人間が    そんなこと言うのはおかしいだろ!?

藤崎「モチベーションの要って言われてたでしょ。    そんなきみが、卒業したら今の2年生達が    気の毒だと思わないの・・?」 藤崎「だからもう一年だけ付き合って」 筑井「そんなこと僕には関係ないですよ!    僕には僕の人生があるんだ!」 藤崎「だったら1億・・・・」 筑井「・・・・・?」 藤崎「1億貰えるならどうする?」 筑井「え・・・・」

藤崎「決断してくれればすぐに    ご両親に1億渡す。    将来についても不自由のない生活を    絶対に保証してあげる。 それでもだめ?」    それなりに権力を持った人だというのは    知ってはいたが、まさか    こんなことまで言ってくるなんて・・。 筑井「そ、そんな僕に    投資する価値なんてないですよ!    やめてください馬鹿にするのは!」 藤崎「馬鹿になんかしてない    むしろその逆、この世界において    あなたは天賦の才を持ってる」 藤崎「話は聞いている。3年の未來も倒し    たって。それにたくさんの部員達にも    多大な影響も与えている。    将来の女子相撲界のことを考慮しても    1億でも安すぎるぐらいだと思ってる。    駄目なら10億でも100億でも払う」

藤崎「別に今すぐ決断しろとは言わない。    時間はまだあるから    じっくり考えてほしい」 筑井「そ、そんなこと言われても・・・」 美穂「えっと・・・・。    私達が相談したかった内容は以上    なので、邪魔だと思いますし、    皆を連れて道場に戻りますね・・・」 美穂(話が飛躍しすぎて怖かった・・・・)    美海も含めた女子相撲部一同は    それから道場へ戻っていった。    成り行き上僕はその場に残っていたが・・。    はっきり言って僕も一緒に    道場へ行きたかった・・・。    監督と一緒にいるよりも道場の方が    よっぽど心が落ち着く・・・。    一番恐ろしかった場所にも拘わらず。     筑井「そ、それじゃあ僕も道場の方に・・」    流れに乗じて僕も道場への    移動を試みた。    

   ピタッ・・・・・・!    体が動かない…!?    いったいなんだ? 藤崎「はぁ、体触れないってやっぱり不便」 藤崎「便乗して逃げる気なのは見え見え    まだやり残してることがあるんだから    逃がすわけないでしょ。    ついでに、その逃げ癖治してあげる」 筑井「こ、これはどういうこと・・    なんですか?」 藤崎「空気を圧縮して動き止めてる。    簡単に言えばそんなところ」    んなっ、 ばかなッ・・・・!?    それって力が強いとかで    できるレベルの話なのか・・?!

   後ろから監督が移動してくるのが    振り返らなくても分かる。    魔王というものが存在するのなら    彼女のような人のことを    言うのかもしれない・・・。 藤崎「み・ り ・ お・・・・・・。    呼ぶの忘れてたなんて言わせないよ。    さあ、早く・・・・♡」    すごい笑顔だけど    完全にお怒りモードだ・・・。    彼女が近くによるだけで    全身に痛みが走る・・・。    細胞の一つ一つが苦しんでいる。    意識が遠のきそうだ・・。     筑井「・・・・・・・・」 藤崎「・・・・・」 藤崎「どうして何も喋らないの・・?    あ、そっか外だし    まだ誰かに聞かれるかもって    思ってるんだね・・・」

   何も喋らない筑井の様子を見ていた    藤崎は指を突然、パチンッと鳴らした。    すると、筑井は一瞬にして気を    失うのであった・・・。 藤崎「どうせ今日から女子寮で暮らすんだし    このまま私の部屋に連れ帰ってから    調教すればいいか」 藤崎「あ、でも明日大会あるんだった・・。    その間、私の部屋に閉じ込めておく    しかないな。あの部屋なら    逃げ出される心配もないし・・・」 藤崎「3日帰れない可能性もあるし    ごはんの準備だけでもしてて    あげないと・・・・」 藤崎「悪いけど少しの間我慢しててね筑井君」    そんな彼女のきまぐれで    次の話は藤崎の寮部屋から始まる・・・。

NEXT