台を探しに行くわけでもない    そう、僕は今のを口実に逃げ出しただけだ。    実際にやるとなればどうなるか分かったものじゃない。    でも少し罪悪感はある…。    事実彼女は僕のことを好きでいてくれてるみたいだし    どれだけ失礼なことをしているか    自覚がないわけじゃない。    それでも命の方が大事、仕方ない。    そう仕方ないんだ…。     筑井「さて、これからどうするか」    抜け出す方法は考えていたがこれから    何をするか全くのノープラン。    これから先、美海と会うのも気まずいし    他の1年女子や2年女子に    美海のことを話すのも彼女に悪い、    できれば誰とも会わず    この学校から消えたい気分だった。

   しばらく歩くと3つの道に別れた場所につく。    言われてみれば女子校舎内なんて    歩いたことないし    美海に連れてこられてきたせいで    道も正確には覚えていない。    現に巨大な彼女たちのために道も    普通の数倍という長さで作られているため    ここで道に迷っては    体力も時間も大幅にロスすることになる。        時間がかかれば彼女たちに接触する    可能性が上がるし体力が    尽きれば仮に接触した場合    逃げ切れる可能性が減ってしまう。    ここでの分岐は結構大事な    局面だということに気づき    来た道を正確に思い出すため足を止めた。

   しばらくすると何やら地響きが…。    だが、なぜかそれがどこから来るものかが    分からない…。    普通彼女たちが向かってきていれば    どの方角で揺れてるかが分かるのだが    全体的に揺れている。    まさかこんなタイミングで本当の地震か…?    すると前方の方から声が聞こえる。 美香「先輩を発見したわ!!    みんな急いできて!!」    どうやら美香達が発見して向かってきていたようだ。    ここで捕まるとおそらく美海のことに    ついて聞かれ、ついでになにされるか    分からない。    ここは左右どちらかに逃げ込むしかなさそうだ。

   本来なら慎重に進みたかったところだが    やむを得ず左の道を行くことに。    するとさきほどまでの揺れがさらに激しくなる。    1年生だけではここまでひどくならないはず…。    ということは…。 美穂「先輩発見しましたよ!!    まったくあなたは呼びに行かず何をやってるんですか!」    前方50m付近を1年生の倍の身長はあろうかという    美穂達が全力疾走してくる。    その迫力や否や気を失いそうなほどだ。 筑井「こ、これには深いわけが…⁉    て、うわあ!!」    後ろを振り返ると後ろからも2年生たちの包囲網    さきほどまでの3つの分かれ道は    1年生と2年生の女子相撲部員    約200名に完全にふさがれてしまっている。    どうりで全体的に揺れていたわけだ。

   ということは消去法で元来た道を    戻るほかない…。そう美海のいる方向だ。    しかしこの人数相手に逃げられるわけが…。    結局あまりの揺れと怯えに    まともに歩を進めることが     できずにいた。    そして一瞬にして    巨大女子相撲部たちに追いつかれ       僕は道のど真ん中に    立ちすくみ巨大な女子たちに    取り囲まれる形になる。    一本の道を残して。

美穂「先輩‼あなたって人はなにを考えているんですか    理由によっては容赦…しませんよ」 二崎「ここまで大きい騒ぎを起こしたのは    おそらく女子相撲部創設いらい    あなたぐらいなものでしょうね…。    超重量特訓は逃れられないと思っていてください」 美香「先輩…、美海から逃げてここまできたんですか?    それとも、本当は美海とぐるで抜け出した    とかじゃ…ないですよね。」 美香(明らかにあの流れはできすぎてた…。    とても美海一人であの抜け出す    シナリオを作れるとは思えない…。    まさかもう美海と先輩やってたりしないよね…⁉)    彼女たちが走ってきたせいか    すごい熱気に満ち溢れてている。    ここだけ気温がプラス30度ぐらい    されてるのではないかというレベルだ。    それに女の子の臭いというかそれを    数千倍にしたような強烈なフェロモンで    頭がおかしくなりそうだ。

   生き残ることだけを必死に考えたが    この状況では何が正解か    何が間違いかそういった判断は何もできなかった。    ただ一つだけ何かを考えてたとすれば    死にたくない、ただそれだけであった。    巨大な女生徒たちを前に僕は威圧され    自然に退いていた。    熊に出会った時の対処法として    目を合わせながら後ずさりをするというものがあるが    それと全く同じ動きになっているだろう。        ほんとうに窮地に陥ったとき    何が正解かを体が勝手に判断できてしまうのかもしれない。    背を向けて逃げていればおそらく    とっくに捕まえに来ている。        だがこの判断が正しいのは後ろに    何もいない場合に限る。

   背中に柔らかな何かが当たる。    後ろを振り向いてみたら肌色壁…。    これはまさか…。 美海「先輩!?これどういう状況ですか⁉」    動くなとは言っていたが    これだけの騒ぎだ、    気になって来るに決まっている。        そして僕のことを抱きかかえ上げ    完全に逃げられない状態にする。    掴むその力もいつもよりずっと強い。    骨のきしむ音が聞こえてきそうだ。     美海(乗るものを探すために    こんな遠くまで来てるの絶対におかしい…。    先輩ほんとうは…逃げるつもりだったんじゃ…)    美海が馬鹿ではないことは僕は    これまでの会話で充分理解していた。    おそらく僕が逃げ出そうとしていたのも    察しているだろうし    味方がきてくれたとはとても思えない状況。    むしろ怒りにまかせて僕をさらに    追い込む可能性は十分にある。

美香「美海!あんたどういうつもりなのよ!    先輩を勝手に連れ出して。    言い訳によってはどうなるか分かってるんでしょうね」 美穂「何かわけありのようだけど    ちゃんと話してくれない美海ちゃん」 二崎(ちょっと美穂…。    さっさと道場に連れて行かないと    まずいんじゃ…。) 美穂(この問題を消化させずに    稽古に入る方が彼女たちにとって問題よ。    責任は全部私がとるから。) 二崎(美穂…あんた……)

美海「・・・・・。」    ここで切り出す勇気は僕にはない    彼女がへんなこと言わないよう願うばかりだ。 美海「私…。」 美海「私たち!!実は付き合ってるんです!!!!!」    これだけの人数がいるのに    一瞬、完全な静寂に包まれる。 一同「えええええええええええぇぇ!!!!????」    全員がどよめき立つ。    音圧で鼓膜が破れそうだ。    全身の毛も逆立っている。

   というより何を言ってるんだ    美海はこの状況でこの発言は    さすがの僕でも予想しきれなかった。 美香「じゃあやっぱり先輩も抜け出すとき    ぐるだったってこと…?」 美海「そうよ。二人っきりになりたいって言ったの先輩だもん」    全部嘘だ。    恨みをはらさんとばかりに僕を追い込む気か⁉ 美海「私も先輩のこと好きだから言うことを聞いた    それだけよ!!」 美穂「美海ちゃん…、仮にも今の女子相撲部は    先輩のおかげでモチベーション保ててる部分は、    あるのそんな先輩を独り占めしようとしていることが    どれだけのことか分かっているの?」    ここの部長にも僕は告白…、というか    いきなりプロポーズまでされている状態    たしかにこの発言は美海にとって    プラスになるはずがない。    動揺すると考え無しになってしまうのだろうか

美海「確かに大会で好成績を残せば    先輩と一緒に寝れる権利を得られることは    私も十分承知の上です。    でも、普通に恋愛することの何が悪いんですか!」 筑井(なんだよ⁉一緒に寝れる権利って    そんなもの初耳だぞ⁉) 筑井「て、いうより僕たちは…!」    そう言おうとした瞬間巨大な手で    顔をふさがれる。 二崎「今先輩なにか言いかけてたみたいだけど…」 美海「き、きのせいじゃないですか…!」 美海(先輩今の聞いたでしょ?    一緒に寝れる権利って…。    仮に私と付き合ってる設定にでもしとけば    今度帰ってくる3年生との性行為は    回避できるかもしれませんよ。    それでいいなら頷いてください。)

   おそらくこれは想定外だろうが    かなり気の利いたアドリブだ。    3年生との性行為という言葉が    決め手となり僕は首を何度も縦に振った。 美海「と、とにかく私と先輩は付き合ってるので    先輩に手を出すことは私が許しません!!」    2年生の副部長二崎がこちらに歩み寄り    僕を覆っていた美海の巨大な手を    さらに巨大な手でどかし顔を正面に    向けた。 二崎「本当に美海と付き合ってるんですか?    筑井先輩…?」    あきらかに疑いの眼差し    あまりのするどさに目をそらしたくて仕方がない。    が、ここはぐっとこらえる。

筑井「そ、そうだよ!付き合って何が悪い!!」 二崎「ふぅ~ん。そうなんですか…」    そういうと彼女は巨体を揺らしながら    中央に立ち 二崎「私はこの二人は付き合ってないと思う。    だって先輩私と顔を近づけた時    目線を一切そらさなかったもの    異性と間近で顔を合わせて全く反応が    ない方が違和感感じないかしら。」 二崎「一つアドバイスしておきますけど    なにか必死に隠したいものがある人ほど    強気な態度とりたがるものですよ先輩」    それから周りも同調するように    「そうよ!付き合ってるなんて嘘よ!」    「美海ごときが付き合えるわけない」    など罵声が飛び交う。

   この二崎という女も抜け目がない    全員の前でそれらしい理由をつけて    一気に疑いの念をもたせた。    おそらく理由は何でもいいのだろうが    疑わせることに意義がある。    雰囲気づくりというやつか。    最初美海が突拍子もないことを    言いそのインパクトだけが印象として    深く刻み込まれ    ”疑う”という余地をなくさせていたが    二崎の発言により皆が冷静さを取り戻していた。 ??「・・・。」       急に上空からただらぬ気配が…。    そう思い上空を見上げる。

??「はぁ…」    着地とともに起きた土煙のせいで    よく姿が見えないが    確かに誰かがいる。 美穂「あ・・・・、やば・・・・」 二崎「か…監督…!?」

NEXT