保健授業

「今日の保健体育は、男性と女性の違いについて勉強するわね」

「男性と女性の違いなんてなんでそんな事勉強するんですか?」

「あら唯ちゃん良い質問だね。唯ちゃんの言うとおり、男性の事なんて知らなくても
生きていける時代なんだけど、でも男性も同じ人間なのよ。
だからちゃんと知る事でどこかで接する事が会った時に
怖がらない態度を女性が取れるようにする為よ」

「はぁーい、先生分かりました。」

「よし、じゃーまずこのスライドを見てね」

先生がスライドを映し出すと
「これはね今から500年前2010年のこの小学校の卒業アルバムの集合写真よ
さぁーなんか変な所はありますか?」

「男子も女子も一緒に写ってるの?」
「うわぁーホントだ」
「何これ画像処理で合わしてるの?」

「はい、そうですねこの頃は男女の大きさはさほど変わりませんでした。
むしろ男子の方が大きいくらいでした」

「男子が大きいなんて信じられなぁーい」
「何でそうなってるの?」
「種の保存を考えた時に、女性は子供を産み、男性はそれを守るというのが
この時代前からのあり、そのため体が大きくないと守れないから
体が大きくなってるそうです」
「うそぉー男性が女性を守るなんて考えられないよ」
「ですがそういう時代だったのですよ」
「はぁーい」

「さてもう一つ分かる事がありませんか?」
「そう言えば集合写真の片隅にいる人って先生なの?」
「おっ亜紀菜ちゃんもいい所見てるね。」
「って考えると先生と女子の体格が違う」
「はい、亜紀菜ちゃんその通り!!」
「やったぁー」
「亜紀菜ちゃんの言うとおり、この頃は第2次成長期って言って女性としての成長が始まるの?」
「えぇーそれってオッパイが大きくなるとか生理が始まるとか?」
「うん、そうよ、今では小学校入学時には先生も生徒も分からないくらいの体格だけど
この時代は中学を過ぎるとやっと成人的な体になるのよ」
「へぇーなんか女子も幼少時代が長いんだ」
「そうね男子は変わってないけど女子も男子と同じくらいの長さだったわ」

「それじゃ、次に2110年の時の集合写真ね」
「あっ女子が先生と変わらない体格になってる」
「そうねこの頃から女子の成熟が早くなったの、それに対して男子は変わってないから
体格が女子の方が大きくなったのがこの頃なの
でも男女の先生同士の差は、男性の方が大きいからまだ成熟が早くなっただけだったの」

「へぇーそれでもまだ男性のがおおきいのかぁー」
「そうね、陽子ちゃん今では歴然とした体格差があるけどこの時は男性の方が大きいかったの
それじゃ次は2200年ね」

「この頃から男女の体格差は逆転していくのよ。写真を見ても女子の方が大きいでしょ」
「ほんとだでもまだ今のような差じゃないし、女性の先生は男性と変わらないし・・・」
「博美ちゃん鋭いわね!!この頃から200年近くは女性の年齢別平均身長を見ると
小学生が一番大きいのよ。それだけ女性が巨大化していることが分かるわよね」

「へぇー私達の年代が一番大きいなんてちょっとビックリ。なんかいろいろ大変そう」
「そうねこの写真の頃はまだ良かったけど急激に巨大化した時には、女性の先生でさえ
小学生の臍に届くくらいなのよ。だからこの頃の小学生を指導するのは大変でした」

「そうね鼠のような男性教師に注意されてもね・・・・」
「奈々ちゃんその気持ちは分かるけど先生も奈々ちゃんの事を思って、注意してるのよ
先生に聞くと女子を注意するのって勇気がいるんだって・・・・」

「はぁーい」
「じゃーここから2400年の頃だとこんな感じね。今とあまり体格は変わらないけど
男女同時教育をしていたの」
「それって無理だよね・・・」
「うぅーんそうなの。この頃は教育がしっかりしてなかったから男子と女子が良くケンカしてたの」
「えっケンカって・・・出来るの?」
「そうなの・・・ひどい時は女子一人に男子50人くらいでケンカしていたみたいだけど・・・」
「そんな無理だって男子が女子にケンカするなんて無謀だよ」
「ほんとそうなんだけど・・・この頃は男子も必死だった見たいで大ケガする男子ばっかりだったの」
「その頃の男子って身の程知らずだね」
「だから色々な教育が始まって今に来てるのよ」
「そうなんだ、だから今男子がいないんだ」
「そうよ大体半年間を掛けて色々な教育をするのよ自分の立場や男子の実力を安全に知らせるの
そうすると女子に向かってくる男子もいなくなるのよ」
「そういえば上級生男子からのイジメって最近ないのは、そのせいなのか!!」
「そうね、逆に女子も男子が弱い事をちゃんと認識して欲しいの」
「はぁーい」
「じゃー次に副担任の義男先生にお手伝いしてもらって男子にやっちゃいけない事を教えるわね」
「はぁーい」