巨大女子相撲部

   そして時は同じ頃    移動した2年生たちはと言うと    倉庫から100mほど離れた場所で    立ち止まっていた。 美穂「ひとみ…、首元にいるんでしょ    昨日の奴が…」 美穂「どういうつもりかちゃんと    説明してくれる?」    そういうと襟元から    彼がひょっこり顔を出した。    二崎としては隠しておけるなら    隠しておきたがったが    自分から出てきてしまっては    認めざるを得なかった。 二崎「私たちは彼をここから    逃がすことにしたわ。    彼は誘拐に失敗してるのよ。    だったら無暗にここに    置いておく必要もないわ」

美穂「別に今すぐ逃がす意味はないでしょ。    このまま逃がして、何も聞き出せずに    終わってしまえば    先輩に万が一のことがあった時    対処できないかもしれないじゃない。」 美穂「聞き出せることは聞き出して    私たちでできることを、探すべきよ!」 72「悪いが、お前らごときに口を    割るようなへまはしねえ。    どんなことをされてもな」    二崎はこの時    彼がこちらの味方だということが    確信でき安心していた。 瑠璃「美穂!なにもそこまで    考えなくても、今監督がいないから    こういうことになってるだけで    戻ってくればもう心配ないって」 美穂「それで監督は私たちに    今回の件について何か話してくれるの?    どうせ何も話してくれないんでしょ!!    それならこいつから聞くしかないじゃない」

二崎「監督を信じて黙って従えばいい。    私たちが首を突っ込みすぎていい問題では    ないはずよ、これは…」 美穂「二人ともなに甘いこと言ってんのよ…。    これから部活を支えていかなければ    いけないのは私たちなのよ。    監督にまかせる…?そんな他力本願な精神で    部員たちを導いていくつもりなの?」 美穂「私たちで解決できることは    私たちで解決しないと」    美穂が相撲部にどれだけ    親身に向き合ってるか痛いほど理解していた二崎    だから彼女を信頼し後押ししてきた。    否定をしてしまうのが    心苦しくあったがこれも本人の為だと    思い彼女にこう伝えた。     二崎「はっきり言わせてもらうわ。    この問題は美穂じゃどうにもできない。    だから、監督は何も喋らなかった。    それぐらいあなたなら分かるでしょ」

美穂「・・・・・。くっ」 美穂「そんなこと…分かってるわよ。    でも、でもさ・・・・」 ??「ちょっと待って!!」    すると地面の方から声がする    筑井が追い付いてきていたようだ。 瑠璃「先輩…!?」 72(?!・・・) 美穂「せっかく逃がしてあげたのに    自分から来ちゃったんですね、先輩は…」 二崎「逃がす…?」 筑井「こっちに来たのにはそれなりの理由があるよ」 瑠璃「理由…? 理由って何ですか?」 筑井「考えがまとまった・・」

筑井「いろんなことがありすぎて    冷静さがかけていた・・。    でも、今はちゃんと答えが見えてる」 筑井「彼をここに残してほしい。    僕はそれを伝えに来た」 瑠璃「な、何言ってるんですか先輩!    さっきまで逃がしてあげた方がいいって…    それにここに置いておくのだって    こいつの仲間が来る可能性があるんですよ」 筑井「それはもちろん分かってる・・・。    ただこれは僕の身勝手な気持ち・・・。    それ以上でもそれ以下でもない。    とりあえず話だけでも聞いてほしい」    筑井はこの時美海達の    行動に影響されていたのだろう。    何かを守とうと思った時それを自身の手元に    置いておきたい。その至極当然の心理が    彼の結論となったようだ。 72(・・・・・)

筑井「このまま彼を返してしまえば    僕を誘拐できなかったってことで・・、    責任を取らされることだよね・・・」 筑井「本当の目的は誘拐だったのかも    しれないけど、僕の願いを聞いてくれた    恩人に変わりはないんだ」    筑井がこう思うのに根拠がないわけでは    なかった、現に彼はナイフを所持しており    筑井を盾にすれば、美穂から    逃げ切ることも可能だったはずだからだ。    それをやらなかったのは少なからず    彼の中に情があったことを証明していた。     筑井「そんな彼が帰ってからも    仕打ちを受けるとしたら・・・・、    さすがにほっとけないって言うか・・。」 72「勝手な妄想ばかりだな。    願い何て聞いた覚えはこちとらねえよ。    余計なお世話だ・・・・」

筑井「だから、最初に言ったはずだよ。    これはただのわがままだって・・!」    このような言い方をしたのには    72の為ではなく筑井自身の為だと    思わせた方が意見が通りやすく    なるかと思ってのことだ。        しかし嘘をついているというわけではない。    あくまでありのまま、本心を    伝えたことには変わりない。    だからより心に響くはず。    筑井はそう思っていた。 72(…言うね、この人・・。) 二崎「確かに作戦失敗で    責任を取らされるのは当たり前の話ですけど    仮にも彼はあなたを誘拐しようと    した男ですよ…?」 二崎「今後ここに置いておくのは瑠璃の言う通り    他の女子相撲部員も危険に巻き込みかねない…。    監督もいない今、そんな彼を先輩の気持ち一つで    ここに置いておくわけにはいきません。」

筑井「二崎さん、言ってたよね。    監督から僕と彼を接触させるなと・・。    それ以上の命令は受けてないって。」 筑井「ここに置いておくか、逃がすかその選択は    任されたんだ。 試されてるってことでしょ。    この状況でどうするかを・・・」 筑井「女子相撲部にとって、危険人物    なのは分かってる・・・。 でも、    監督のことだからその選択を与えたの    にも意味があると思うんだ・・・」 筑井「このまま何も知らずに終わるより、    多少のリスクを踏んででも、    真実を知るために彼を残す価値はある」 美穂「ひとみ・・・」 二崎「なによ美穂…」 美穂「あなたが考えていることも    長い付き合いだからなんとなく分かる。    監督が帰ってくるまでは    私も彼に何もしないし、何も聞かない。」

美穂「それに、ひとみの言う通り、    私一人の力じゃ、こいつからも監督からも    今回の件についての詳細は聞き出せないと思う。    でも、こいつを監督の前に出せば    監督もある程度のことは話してくれる    かもしれない」 美穂「それに、もしもこいつの    仲間って言うのが相撲部を    襲撃するようなことがあれば私が    絶対に止めて見せる!    次期、主将の名に懸けて」 美穂「これなら彼をここに    残しておいても問題ないでしょ」 瑠璃「そうよ、美穂がいれば    侵入者何てイチコロ、イチコロ」 二崎「・・・・・・・」

二崎「はぁ・・・・まさか    筑井先輩までそんなこと言い出すとは・・。    分かったわ、もう構わない」 二崎「ちなみにあなたはどうしたいの    筑井先輩が身を案じてるみたいだから    できるだけあなたの意志は尊重してあげるけど」 72「めんどくせえからどっちでもいい・・。    捕まった以上逆らえねえしな。    身の安全は保障しねえぞ」 筑井「ふぅ・・・よかった・・・・」 二崎「急な話で申し訳ないですが、    話もまとまりましたし、先輩には    部屋に戻っていただかないと・・ 」 二崎「今日監督が帰ってくると思うので・・、    もし、私たちと一緒にいるところを    見られたら、変な誤解されかねませんし・・」     筑井「そりゃ、そっか・・・・」 筑井(正直嫌だけど、よく考えればこのまま    外にいても危ないし、別にいいか・・・    問題はトイレと食事だけど1日ならなんとか)

筑井「ちなみになんだけど、僕と彼は    会ってないことで口裏合わせてほしいな。    そっちの方がまだ、怒り買わずに済みそうだし」 瑠璃「そうですね・・。監督がもし    誘拐されかけたこと知ったら    想像しただけでも恐ろしいですし・・」 二崎「先輩には失礼ですが彼はしばらく    ヘルメットの中に閉じ込めさせていただきます。    監督が帰ってくるまでの留置しなくては    いけませんし・・」 瑠璃「結局のところはこいつの    処分は監督次第ってわけか…。    ひとみ的には不本意だろうけど    仕方ないよね、先輩の頼みだもの」 瑠璃「にしても、先輩のお人よしも    ドが過ぎるというか    よく彼にここまで感情移入ができますね」 筑井「・・・・・・・。    誰にでも、こうってわけじゃないけど    なんか他人って思えないんだよね」 72「・・・・・・」

二崎「一応監督も今回の件については認知してるし、    昼か夕方に返ってくる可能性も十分にあるわ。    あまり、ゆっくりしてられない」 瑠璃「えっと、その・・・大変申し上げ    にくいのですが、いろいろあって出てきた時に    使ってたであろうロープを引きちぎっちゃ    いまして・・。 先輩戻す方法って今あるの・・?」 二崎「たく、あんたはほんとにろくなこと    しないわね・・・・・」 瑠璃(そう言う、あんただって    そのロープで先輩を繋いでたくせに!) 美穂「でも、今の筑井先輩と、    こいつのけがを見る限り    あそこまで登るのは難しいと思うけど。    私たちも扉を開けれない以上    元の部屋に戻せないし…」 72「道具を返してくれるなら、    始めに侵入してきたルートで    部屋に戻すことは可能だ。    筑井さんの体重なら今の体力でも    ギリギリなんとかなる」

   このまま筑井を外に連れ出していると    監督の怒りを買うことは    まず間違いなかったので何とか    部屋にもどしたいと皆が思っていた。    しかしそれを可能とするのが    72しか今はいない。 美穂「それ以外に方法はないようね…。    分かったわ、部屋までの誘導は    あなたにお願いするしかなさそうね。」 72「案外あっさり受け入れるんだな」 美穂「今はあまり悩んでる時間もないし    筑井先輩がこれほど信用してるもの。    先輩が信用してるなら、私も信用するわ」

二崎「先輩を部屋に戻したら    あなたもさっさと降りて来なさいよ。    その後はヘルメットの中だから」 72「あいよ」 瑠璃「また、戻んのか・・・    さっき走ってきたばっかなのに…」 美穂「さっきから気になってたんだけど    なんであんたが3年寮から    戻ってきてんのよ?」 瑠璃「えっ・・・まあ・・    どうでもいいじゃん!!    そんなことより、さっさと行こ!!」 美穂「・・・・・・・?」    こうして2年生達と筑井、72は    3年寮へ戻ることに…。    そしてその頃美海達はと言うと…

美海「あ”ぁ~やっぱりあっちの方角は    3年寮の方じゃん!!」 美海「一瞬だけの儚い再開・・・・。    うわぁ~~ん!!!」 美香「ちょ、でかい声で泣くな!ばか!」 雪鳴「距離かなりあるし大丈夫でしょ」    2年生たちが会話している距離から    50m以上離れた位置で盗み見していたため    会話の内容は全くと言っていいほど    聞き取れていなかった。    72の姿も彼女たちは、目視できて    いなかったため結局何もわからずじまいで    終わってしまっていた。  すると突然、    雪鳴の背後からただならぬ気配が・・・・。 ??「なんの距離があるって?」 雪鳴「だから・・・・てっ・・・ええ!!?」    背後から聞き覚えの声がしたので    つい返事してしまったが    それは美海でも美香のもでもなかった

NEXT
';}?>